楽天証券、NISA口座開設 「住民票取得代行サービス」キャンペーン実施

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が、楽天証券でNISAをはじめよう! 住民票取得代行サービスキャンペーンを実施しています。

楽天証券でNISA口座を開設したい人が、下記の条件を満たすと、NISA口座の開設手続きに必要な住民票等の取得を、楽天証券が無料でユーザーに代わって行ってくれます。

▼キャンペーンの参加条件

  1. 2016年12月16日までに、楽天証券の証券取引口座を開設しておくこと
  2. 2016年12月16日までに、「NISA申込書」「委任状」「本人確認書類」を楽天証券に届けること (2016年12月16日必着です)

今回の住民票の代行取得サービスは、「日中、忙しくて役所に住民票を取りにいく時間がない」といった個人投資家にとって、便利なサービスかもしれません。

ちなみに、楽天証券の成人向けNISA口座では株取引の手数料が無料となっています。 また、海外ETFの買付にかかる手数料が全額キャッシュバックとなります。

さらに、楽天証券ではジュニアNISA口座における株取引の手数料も無料です。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

楽天証券でNISAをはじめよう! 住民票取得代行サービス

キャンペーンコード:1504mk0301

rakuten_nisa_daiko_20161216_001.png>

rakuten_nisa_daiko_20161216_002.gif

NISA口座は開きたいけど住民票を取りに行く時間がない、役所が遠くてなかなか取りに行けない、そんなお客様はいらっしゃいませんか?

今なら楽天証券がお客様に代わって、NISA口座開設に必要な住民票の写しを取得いたします!お手続きはカンタン、NISA口座のお申込書と委任状を合わせて楽天証券に送付いただくだけです。

あとは楽天証券が住民票の写しの取得をおこないNISA口座の開設お手続きをおこないます。もちろん住民票の写しの取得にかかる代金も楽天証券が負担いたします。

期間限定のこのキャンペーンを利用して楽天証券でNISA口座を開設しませんか?

キャンペーン概要

▼キャンペーン期間

当社への必要書類到着 : ~2016年12月16日(金)まで


郵送状況により、弊社到着が遅れる場合がございますので余裕をもってお申込みください。申込期間を過ぎた場合は委任状等をご返却させていただきます。


総合取引口座とNISA口座開設を同時に申込みなさった方が、2016年12月16日(金)に弊社に到着した書類の不備等の結果、総合取引口座が開設できなかった場合は住民票取得代行サービスはご利用いただけません。

▼キャンペーン対象者条件

以下の必要書類をキャンペーン期間中にご提出いただいたお客様

rakuten_nisa_daiko_20161216_003.gif

【ご注意】
2016年よりマイナンバー制度の開始にともない、NISA口座の実際の開設手続きの完了が2016年になる場合マイナンバーの提出が必要となります。後日、マイナンバーの提出が必要となる対象のお客様には楽天証券よりログイン後のお知らせ、およびメールにてご連絡させていただきます。

ご利用いただける本人確認書類はこちら

▼NISA口座開設期間目安

rakuten_nisa_daiko_20161216_004.gif

▼注意事項


住民票の写しの取得は、楽天証券の業務委託先である株式会社ジンテック(Pマーク、ISO27001取得)が行います。株式会社ジンテックは、お客様からの委任に基づく代理人として住民票の写しの取得をおこないます。


2013年(平成25年)1月1日以降に異なる市区町村に転居された方は、住民票の写しに代わり「除票」を取得させていただきます。


株式会社ジンテックがお客様の代理人として取得した住民票の写しは、NISA口座開設手続の必要書類として楽天証券が受領いたします。お客様にお渡しすることはできません。


楽天証券が受領したお客さまの住民票の写しは、NISA口座開設手続のためにのみ利用するものであり、他の目的で利用することはございません。


住民票の写しの取得までに最大2カ月程度を要する場合がございます。


市区町村によっては、委任状をご提出いただいた場合でも住民票の写しの交付が行われない場合がございます。この場合、楽天証券からお客様宛にお知らせいたしますので、大変お手数ですがお客様ご自身で住民票の写しを取得のうえ楽天証券にご提出くださいますようお願いいたします。


本サービスの内容は、期間中でも予告なく変更・中止させていただくことがございます。

 有効期限を過ぎている委任状であっても、2016年12月16日(金)(必着)までにご提出いただければ本キャンペーンをご利用いただけます。再請求の必要はございません。

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、NISA口座開設のための「住民票の代行取得キャンペーン」を実施している大手ネット証券としては、楽天証券の他にマネックス証券SBI証券があります。興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

▼関連記事

NISA口座「口座開設キャンペーンの比較」 【ネット証券各社】

NISA関連情報カテゴリ【ニーサ】

NISA口座で取引できる「日本国内の金融商品」の比較表 【ネット証券各社】

NISA口座で取引できる「海外の金融商品」の比較表 【ネット証券各社】

マネックス証券、成人向けNISA口座およびジュニアNISA口座の株式手数料を無料化 【恒久】

GMOクリック証券においてジュニアNISAの株取引手数料はずっと無料

マネックス証券において、米国株と中国株が非課税(NISA)で取引可能になりました

マーケットスピードのフル板サービスの利用料が無料化【2014年10月27日より】

楽天証券にて特定口座で、米国株・中国株・アセアン株式・海外ETFの取引が可能に【2014年12月22日より】

Mac対応のマーケットスピードが2014年12月に登場予定

楽天証券、貸株サービスを開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする