kabuステーションに上下8本の板表示を行う「サマリー板」機能が追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には「kabuステーション」というパソコン用の株式トレーディングツールがあります。

kabuステーションでは、株取引や日経225先物取引TOPIX先物取引などを行うことができます。

さて、カブドットコム証券が2014年7月22日から、kabuステーションに「サマリー板機能」を追加しました。

7月22日から「呼値適正化のフェーズ2」が実施され、TOPIX100構成銘柄においては、板画面に小数点表記が入ると共に、8本板で目視可能な価格幅が狭くなっています。

TOPIX100構成銘柄では、こんな感じで、小数点が入って、板情報(気配値)が以前に比べて見にくくなっているのです↓

kabustation_summary_ita_20140723_001.png

kabuステーションでは、最大140本の小数点を含む板情報を整数単位に集約した上下8本の板表示を行う「サマリー板」機能が7月22日から追加されています。

気配値画面の中にある「価格Σ」ボタンをクリックすることにより、このような画面を表示することが可能になりました↓

kabustation_summary_ita_20140723_002.png

↑この気配値に小数点の表示がない状態の方が、個人投資家にはなじみがある画面でしょう。

なお、「サマリー板」機能の利用にはフル板オプション契約が必要となります。利用条件(無料利用条件有り)については、下記リンク先の記事をクリックしてください。

kabuステーションが信用口座開設のみで利用料無料に

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

2014年7月22日

kabuステーションの時価配信に東証FLEXFullを全面採用

~ 板情報画面において小数点値段を集約し、従来の板視認性を確保 ~

本日7月22日(火)より、呼値適正化のフェーズ2が実施されました。TOPIX100構成銘柄においては、板画面に小数点表記が入ると共に、8本板で目視可能な価格幅が狭くなっております。本日より、kabuステーションにおいては、8本板画面などの、フル板画面以外の全ての板画面を、東京証券取引所の相場報道システムであるFLEXStandardに加え、フル板サービス向けとして提供されるFLEXFullとを組み合わせて従来通りの広い価格幅の板画面を提供するよう内部的な情報配信基盤を大幅にリニューアルいたしました(※)。

今回、最大140本の小数点を含む板情報を整数単位に集約した上下8本の板表示を行う「サマリー板」を提供いたします。これにより、従来どおりの視認性は確保しつつ、最良気配は小数点表記を残す事で、呼値適正化のメリットを最大限に活用する事が可能となりました。

※サマリー板の利用にはフル板オプション契約が必要となります。利用条件(無料利用条件有り)については文末の案内をご覧下さい。

kabustation_summary_ita_20140723_011.jpg

●サマリー板機能の特徴
・ 1円単位の従来の板表示へワンクリックで通常表記(小数点)と整数サマリー表記の変更が可能

・ TOPIX構成銘柄であれば画面数の制約なく整数に集約された板表示が可能

・ 整数にサマリーをしても、最良気配は確認できるように表示

kabustation_summary_ita_20140723_012.jpg

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、サマリー板機能が使えるkabuステーションの最新版である「Ver4.2.0」に興味がある方は、下記リンク先のカブドットコム証券提供の説明書を読んでください。

kabuステーション Ver4.2.0 追加機能概要【PDF】

なお、kabuステーションは初回の利用申込の場合、申込日の翌々月第1営業日までは無料で使用可能となっています。

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

kabuステーション4の信用取引と先物取引において「2WAY注文」が使用可能に

信用取引の空売り規制が改定されます【2013年11月5日より規制緩和】

カブドットコム証券、信用取引の手数料を値下げ

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引とは【株式用語解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする