マーケットスピードのバージョン13.0が 2014年7月20日にリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引に対応したトレーディングツールがあります。

マーケットスピードはジェイコム20億男B・N・F氏が愛用しているトレーディングソフトとして有名です。

また、資産100億円トレーダーcis氏もマーケットスピードを利用しています。

さて、楽天証券がトレーディングツールマーケットスピードの最新版であるバージョン13.0を、2014年7月20日にリリースすると発表しました。

マーケットスピードには、「武蔵」という板発注機能があります。バージョン13.0では、この板発注機能がフル板に対応します。

個人投資家に配信されている板情報(気配値)は通常上下8本ですが、有料の情報ツールを使うことで、8本を超える全ての板情報を見ることが可能になっています。この全ての板情報のことを「フル板」と呼びます。

楽天証券でフル板機能サービスを使うには、「税込2160円/1カ月」の利用料が必要です。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

マーケットスピード13.0リリース(7/20)注文機能がパワーアップ。

marketspeed_ver1300_20140720_001.jpg

marketspeed_ver1300_20140720_002.gif

marketspeed_ver1300_20140720_003.jpg

1. 武蔵が、待望のフル板に対応!

ドラッグ&ドロップで注文ができる板発注機能「武蔵」がフル板にも対応いたします。

従来は、上下8本ずつの板しか確認できませんでしたが、武蔵フル板をご利用いただくことで、すべての板情報を確認しながらの発注が可能になります。

marketspeed_ver1300_20140720_004.gif

武蔵フル板をご利用の際は、1「投資情報」⇒2「武蔵」⇒3「板表示形式」の順でご選択ください。

※ フル板機能サービスは、別途、お申込が必要になります(利用料 2,000円(税込2,160円)/1カ月)
※ お客様のお取引実績・口座状況により、無料でご利用いただける場合がございます

marketspeed_ver1300_20140720_005.gif

2. まとめ板で、相場のノイズを消せ!

マーケットスピード13.0から、新機能「武蔵まとめ板」がご利用いただけます。

まとめ板とは
お好きな「刻み」を指定していただき、指定していただいた「刻み」で板の気配数量を合計して表示することができます。

下の図は「刻み」が1円の銘柄を5円刻みで表示した例になります。
右図では、「刻み」を5円ごとに合計した気配数量を表示しております。

marketspeed_ver1300_20140720_006.gif

marketspeed_ver1300_20140720_007.gif

 ~~後略~~

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券のリアルタイム入金サービスに、住信SBIネット銀行が対応

楽天証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券の米国株取引において日本円で直接売買が可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

楽天証券のユーザーが167万人超え 【5月に証券取引システムをアップグレード】

楽天証券、2014年7月1日から「国内商品先物取引」の取扱いを開始

楽天証券、投資情報に「Longine(ロンジン)」の決算速報を追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする