SBI証券、信用取引の2013年1月の制度変更に初日から対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、当サイトで信用取引の証拠金規制が緩和されます 【2013年1月4日から資金効率アップ】という記事を配信しました。

2013年1月4日から、信用取引のルールが変わり「同じ担保を使って1日に何度でも売買できる」ようになるという旨の記事でした。

例えば、委託保証金100万円を証券会社に差し入れて信用取引で300万円の株を購入した場合、信用の余力はほとんどなくなってしまいます。当日中にその株を全部売却しても、余力は回復せず、その日のうちに再度300万円の買付を行うことはできません。

しかし、2013年1月4日からは、売却後に余力がすぐ回復し、その日のうちにまた取引ができるようになります。デイトレードで、何度でも同じ担保(委託保証金)を利用できるようになるわけです。

さて、SBI証券がこの信用取引の制度改正に2013年1月4日から対応すると発表しました。SBI証券のユーザーは、信用取引口座を開設していれば、制度改正の初日から、資金効率の高い信用取引が可能になります。

ちなみに、SBI証券は2012年11月30日に、一つの注文の約定代金によって株式手数料が決まる「スタンダードプラン」という手数料体系で、現物株取引信用取引の手数料を値下げしています。興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

2013年信用取引が変わる!当社ではこうなります! – SBI証券

2013年信用取引の新時代到来!資金効率が格段に向上!

2013年1月1日より、金融商品取引法第161条の2に規定する取引及びその保証金に関する内閣府令の一部改正および取引所規則の改正により、信用取引に係る委託保証金の計算方法等が変更となります。

これにより、今までよりも資金効率の高い信用取引が可能になります。

SBI証券では、2013年1月4日より、当制度改正に対応予定です。対応内容につきましては、当ページをご確認ください。

SBI証券の対応内容

実際にどのように便利になるのか、当社でのお取引の流れを見ながら確認してみましょう!

  • ポイント1 同じ保証金で一日に何度でも信用取引ができる!
  • ポイント2 反対売買による確定利益が瞬時に次の信用取引に利用できる!

▼委託保証金現金(SBIハイブリッド預金)1,000,008円、建玉が0の状態からお取引をする場合

まず、12/6にA株の信用新規建を行います。

↓クリックで拡大可能

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_01.gif

同日にA株の返済売りを行います。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_02.gif

信用建余力が回復しました。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_03.gif

▼ポイント3 建玉返済後すぐに追証解消&保証金の引出もできる!

▼追加保証金が発生し建玉返済により解消する場合

12/6に追証が発生すると、12/7朝時点で追証金額が確定します。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_04.gif

建玉の一部を返済して追証を解消します。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_05.gif

注文株数9,200株の内9,000株が約定し、一部の追証が解消されました。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_06.gif

残りの200株も約定し、全部約定しました。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_07.gif

追証が全て解消されました。

SBI_shinyo_rule_kaitei_20121214_08.gif

▼関連記事

SBI証券、口座開設と入金で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ

SBI証券、投信積立銀行引落サービスを開始。 銀行口座から自動引落

SBI証券と住信SBIネット銀行が「外貨入出金サービス」を開始

SBI証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、メインサイト内のニュース情報をQUICK社に変更

リアルタイム・トレーディングツールHYPER SBIの無料利用条件が緩和

SBI証券、投資信託定期売却サービスを開始

SBI証券、IOC注文を導入 (株取引において)

SBI証券、「インドネシア株式取引」提供開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする