中外製薬が業績上方修正、タミフルの行政備蓄大幅増加で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月23日、中外製薬が2007年6月中間期連結決算の見通しを上方修正しました。経常利益の予想が210億円から310億円に修正されています。抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」の行政備蓄が大幅に増加したことが収益を押し上げました。

中外製薬の発表によると、タミフルの売上高の予想が、前回の128億円から238億円へと大幅に引き上げられています。また、研究開発費を含む販売費及び一般管理費の一部が下期にずれこむことも利益を押し上げたと述べられています。

この冬なにかと話題になったタミフルですが、中外製薬の利益に貢献しました。逆に言うと、もしタミフルが販売できなくなるような事件でも起これば、中外製薬の利益は落ち込むということでしょう。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする