携帯電話向けトレーディングツール「HYPER MOBILE」がソフトバンクの携帯に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月1日からSBIイー・トレード証券の携帯電話向けトレーディングツール「HYPER MOBILE」が、ソフトバンクの携帯に対応します。

以下、イートレード証券のウェブサイトからの抜粋です。


























SBIイー・トレード証券株式会社
各位

携帯端末向けサービス「HYPER MOBILE」対応キャリア拡充のお知らせ

~iアプリでご好評の投資情報ツールがS!アプリにも対応~

平成19年4月20日


SBIイー・トレード証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:井土太良)は、当社が提供しております株価自動更新機能付iアプリトレーディングツール「HYPER MOBILE」の、ソフトバンクモバイルが提供する3Gシリーズ以降の携帯端末で利用可能なS!アプリへの対応を、平成19年5月1日(火)を予定として開始することとなりましたのでお知らせいたします。



当社では平成17年12月にiアプリに対応した最短5秒の株価自動更新機能付トレーディングツール「HYPER MOBILE」のサービス提供を開始し、さらに平成18年7月にはシンプルな機能と操作性を特徴とする「HYPER MOBILE Lite」の提供を開始してご好評をいただいております。また平成18年2月にはモバイルサービス「MOBILE E*TRADE」の全面リニューアルを実施するなどモバイル向けサービスの拡充に注力してまいりました。



このたび5月1日より、iアプリのみで提供させていただいておりました「HYPER MOBILE」のS!アプリ対応版の提供を開始いたします。「HYPER MOBILE」は最短5秒の株価自動更新機能を備えており、リアルタイムでの株価、気配値(板)情報の表示が可能です。また最大400銘柄の登録機能や、市況情報、各種ランキング情報、ニュース等の充実した投資情報もご利用いただけます。

今回のサービス開始により、これまでNTTドコモ提供の携帯端末に限定されておりました上記のサービスが、ソフトバンクモバイル提供の携帯端末でもご利用いただけるようになり、これまで以上に多くの個人投資家の皆様により快適な投資環境を提供することが可能となります。



当社は「顧客中心主義」の経営理念のもと、オンライン専業証券のリーディングカンパニーとして、個人投資家の皆様の様々なご要望にお応えするサービスを提供してまいりました。今後も、より一層利便性と信頼性の高い投資環境を提供すべく、積極的に魅力あるサービスの拡充に取り組んでまいります。



●「HYPER MOBILE」のサービス概要






































































項 目 機 能 内 容
取引 注文

(現物・信用取引)
注文画面から気配値(板)情報を呼び出し、発注価格の決定が可能。

指値・成行を始めとして様々な執行条件の選択が可能。
情報 口座情報 保有銘柄一覧、信用建玉一覧、買付余力、信用建余力の参照が可能。
登録銘柄情報 最大400銘柄(20リスト×20銘柄)の登録・参照が可能。
個別銘柄情報 指定する銘柄の基本情報に加え、時価総額、証金残などを含めた様々な情報を表示。
マーケット情報 国内外の指標・指数、為替、ニュース、ランキング情報を提供。
チャート 銘柄、指標情報のチャート表示が可能。

5分足、日足、週足、月足チャートが閲覧可能。
インターフェイス ユーザーネーム・

パスワード
携帯端末でもWebサイトと同一のユーザーネーム・パスワードの使用が可能。
設定 株価自動更新機能の設定が可能(更新の間隔時間は7種類から選択(最短5秒)。)
約定通知機能 自動更新設定をしていれば、自動的にアイコンが点灯し、約定を通知。
取引パスワード保存機能 取引パスワードの保存設定の選択が可能。
その他 文字サイズ調整機能
対応機種 ●NTTドコモ

FOMA900i・901i・902i・903iシリーズ、FOMA703iシリーズの各機種、F702iD、D800iDS



今回追加予定の対応機種(平成19年5月1日(火)より追加予定)

●ソフトバンクモバイル 3Gシリーズ以降の機種

【非対応機種】

702MO・702sMO・702NK・804SS・804NK・702SC
・706SC・707SC・705NK・709SC・708SC・V804N
・V802SH・V902SH・V903SH・V703SH・V802N

上記以外の3Gシリーズ端末が動作対象となります。)
使用料 無料(但し携帯端末の基本料金及び通信費はお客様のご負担となります。)

~~~以上、イートレード証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

携帯電話用トレーディングツール比較表

「携帯電話向けの株取引・日経225先物取引用トレーディングツール」の記事カテゴリ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする