日経ビジネスを定期購読せずに読む方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経BP社が発行する週刊誌日経ビジネスは毎週月曜発行で、通常1年50冊の予約購読誌です。電話で定期購読の申込みをすると半年25冊(約12000円)の契約もできます。

以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの抜粋です。

日経ビジネス

日経ビジネス(にっけいビジネス)は日経BP社から発行されている週刊誌。販売は原則的に定期購読契約を募った上での直送制(取次店を通さず、読者・企業へ直接郵送する)を採っていて、例外はあるが書店での店頭販売は行わない(そのため、書店に注文しても入手できない)。

定期購読を契約することなく日経ビジネスを読みたい方には、下記の選択肢があります。

  1. JRの駅の売店で購入する
  2. 図書館で読む

1・JRの駅の売店でも日経ビジネスを取り扱っている店と取り扱っていない店があります。私は、ジェイアール西日本デイリーサービスネットが運営する「Daily・in(デイリーイン)」という店で日経ビジネスを購入しました※

2・日経ビジネスが置いてある図書館を探すのも定期購読をせずに読む方法の一つです。全ての図書館に日経ビジネスが置いているわけではないので、図書館のウェブサイトを見るか図書館に電話するかして、取扱いがあるかどうか調べるといいでしょう。

↓検索例

日経ビジネス 図書館 広島市 – Google 検索

※備考 筆者の日経ビジネス購入体験記

私はジェイコム男BNFさん関連記事を読むために、結局、「Daily in」で日経ビジネスを買いました。取扱いがある店を見つけるまで苦労しました。

近所の紀伊国屋、丸善、宮脇書店では取扱いがなく、他のマイナーな書店3つもダメでした。さらに最寄のJRの駅の売店にも取扱いがなかったので、私の住んでいる県で一番大きなJRの駅まで行きました。

その駅ですが、改札を通らなくても入ることができる場所にある売店では、日経ビジネスの取扱いがありませんでした。KIOSK(キヨスク)、Daily・in(デイリーイン)、Heart・in(ハートイン)の全ての店で取扱いなしでした。

最後の手段ということで入場券を買い改札口を通って、その中にあるデイリーインに入りました。ここでやっと日経ビジネスを購入することができました。

改札の外にあるデイリーインでは取扱いなかったのに、改札の中にあるデイリーインでは取扱いがあったわけです。改札の中にあるデイリーインは新幹線乗り場の近くなので、おそらくビジネス誌がよく売れるのでしょう。そのため日経ビジネスを取り扱っているのだと思われます。

※補足 日経ビジネスを買い逃した場合

日経ビジネスの自分のほしかった号を買い逃した場合、定期購読の契約をすれば過去6カ月分のバックナンバーについては1冊600円で取り寄せができるそうです。ただし取り寄せの発注ができるのは、在庫が残っている号に限られます。

▼関連記事

ジェイコム男B・N・F氏はアメリカの株の動きも観察している 【2007.4.16発売の日経ビジネスより】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする