SBI、イートレード証券ユーザー専用のSNS「イートレ長者村」を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月12日、SBIホールディングス 【東証1部:8473】がイートレード証券のユーザー向けのSNSサービス「イートレ長者村」を開始したと発表しました。

以下、SBIホールディングスのウェブサイトのPDFからの抜粋です。

「SBIコミュニティ イートレ長者村」グランドオープン

~SBIグループ代表北尾吉孝も参加する“株と投資のワンダーランド”~

 SBIホールディングス株式会社(本社:港区六本木、代表者:北尾吉孝以下、当社)は、インターネット金融関連ビジネスの更なる発展・拡充のため、コミュニティサイト「SBIコミュニティ イートレ長者村」(以下、イートレ長者村)を開始致しましたのでお知らせ致します。

 「イートレ長者村」は、SBIイー・トレード証券株式会社の口座保有者に対する新しい付加価値となるコミュニケーションツールとして、顧客同士のコミュニケーションの活性化とそれに伴う顧客満足度の向上を目指す目的で、当社が提供するSNSです。また、金融に特化したコミュニティサイトとして「イートレ長者村」は「質の高いコミュニケーション」・「有用な情報の蓄積」を実現するための多数のコミュニケーションツールを搭載しております。

 当社グループでは、各サービスを利用するユーザーの利便性向上と新たな金融のあり方を目指し、「Web2.0」という概念に代表される新世代のウェブサービスの開発・提供に向けて積極的に取組み、より顧客中心主義を追求できるような付加価値を持った新しいウェブサービスを開発することにより、当社グループのインターネット関連事業および金融事業の更なる飛躍を目指してまいります。

■「イートレ長者村」の特徴
1.イー・トレード証券の口座保有者のみが参加可能
 
「イートレ長者村」は、イー・トレード証券の口座保有者のみが参加可能となっております。これによって昨今問題となっています「なりすまし」や「多重登録」、そしてそれらを利用した公序良俗に反する発言を抑制することができ、ユーザーは従来の掲示板サイトやSNSよりも安心して参加することができます。

2.イー・トレード証券からイートレ長者村へのワンクリックログイン
 
イー・トレード証券の口座保有者はイー・トレード証券にログインすることにより、ID・及びパスワードを改めて入力することなくイートレ長者村にログインできます(初めてのユーザーはプロフィール設定が必要になります)。

3.ユーザーの注目する株式銘柄登録機能
 
ユーザーはプロフィール画面に自分が注目している株式銘柄を最大5 つまで登録することができます。
 
これによってユーザーは自らの注目銘柄を発信することも、他のユーザーの注目銘柄を見ることも可能です。
 
また、プロフィール中の銘柄名をクリックすることで、その銘柄の詳細情報も調べることができます。

4.友達からの評価機能
 
友達となった他のユーザーに対し、通常の紹介文と併せて下記4 つの項目のうち3つを選んで5点満点で評価を行うことができます。
 
・金融に関する知識
 
・市場動向分析力
 
・市場動向予測力
 
・おもしろさ

5.コミュニティからの評価機能
 
ユーザーはコミュニティ内のコメントに対し、参考になったと思う場合に「参考になった」という評価を与えることができます。これにより、情報の発信者と受信者の間でコミュニケーションが活性化し、良質な情報発信者を明示することによるメディア化が促進されます。

6.SBIグループ代表北尾吉孝が参加
 
「イートレ長者村」では弊社グループ代表である北尾吉孝をはじめ、様々な著名人に参加してもらうことで、より有用な情報を提供していくことを予定しております。さらにはユーザー同士のコミュニケーションを活性化させる新コンテンツを随時追加することにより、他のサイトとの差別化を図っていきます。

SNSとは人と人とのつながりを促進する、コミュニティ型のWebサイトです。趣味や嗜好、居住地域、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービスのことです。

SNSの代表例はミクシィ 【マザーズ:2121】が運営しているmixiです。

「イートレ長者村」はイートレード証券ユーザー専用のmixiみたいなものと考えればいいでしょう。

「イートレ長者村」ですが、イートレード証券ユーザー専用なので、参加者はmixiほど伸びないはずです。しかし、イートレユーザー専用なので参加者の身元特定が容易であり、mixiより「荒らし」が発生する確率は低いと思われます。

個人投資家の友人を新たに見つけたい方は「イートレ長者村」に参加してみてはいかがでしょうか。

あと、SBIグループ代表 北尾吉孝氏も「イートレ長者村」に参加するとのことなので、北尾氏の日記を読みたい人も参加した方がいいかもしれませんね。

▼参考:IT用語 荒らし(あらし)とは

荒らしとは、電子掲示板やチャット、ブログ、SNSなどで、参加者のコミュニケーションを阻害する行為のこと。掲示板等でケンカを売ったり、罵倒や無意味な長文コピペなどの迷惑行為を繰り返すのが荒らしの代表例。また、その妨害行為をする人物も「荒らし」と呼ばれる。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする