2007年3月の携帯電話・PHS加入者数、auが強い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月6日、電気通信事業者協会(TCA)が、2007年3月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表しました。下記のようになっています。































【携帯電話事業者の加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 298,000 52,621,100
KDDI 530,000 28,188,300
ソフトバンク 127,600 15,908,500
総計 955,600 96,717,900



























【MNP(番号ポータビリティ)による転入・転出】
事業者 純増数
NTTドコモ -110,700
au +154,800
ツーカー -6,500
ソフトバンク -37,700



























【PHS事業者の加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム 93,000 4,527,100
NTTドコモ -30,400 453,100
総計 62,600 4,980,200

































【携帯電話事業者:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード 283,100 47,574,000
EZweb 551,800 23,533,200
Yahoo!ケータイ 129,100 13,264,600
総計 963,900 84,371,800


NTTドコモは2月の純増数が102,200だったのですが、3月は298,000の純増。番号ポータビリティでは-110,700と大幅に転出していますが、新規契約で補っています。703iシリーズの投入効果や卒業生向けの端末値引きキャンペーンが功を奏したようです。

KDDIは2月の純増数が224,400だったのですが、3月は530,000の純増となっておりかなり好調でした。株価も年初来高値を伺うところまできています。

ソフトバンクモバイルは2月の純増数が120,400だったのですが、3月は127,600の純増となっています。今月は4ヵ月ぶりに純増数でドコモに抜かれました。ホワイトプランの効果が落ちてきています。

 ・関連記事 ソフトバンクモバイル、月額980円の「ホワイトプラン」発表 夜間除き同社携帯同士はかけ放題

ウィルコムは2月の純増数が31,600だったのですが、3月は93,000の純増となり好調でした。正直、少し意外な結果です。ホワイトプランへの対抗料金プランである「ウィルコムビジネスタイム定額トリプルプラン」を発表したことが法人に評価されたのかもしれません。新料金プランの開始は6月からですが。

全体をみて気になったのが、ソフトバンクの純増数の弱さです。私、ソフトバンクのホワイトプランで携帯を1台持ってますけど、ホワイトプランはなかなかいいんですけどね。ソフトバンクユーザーの友人と気軽に電話やメールができて。

私、ソフトバンク、au、ウィルコムの三つの携帯電話を契約してますが、「もし、今どれか一社絶対に解約しなければいけない」という状況になったら、auを解約しますね。ウィルコムとソフトバンクの組み合わせは、料金が安くて話し放題の対象が広い。そして、ウィルコムのエリアの狭さをソフトバンクが補ってくれるのでなかなか快適です。

でも、「もし、携帯を一社しか持ってはいけない」という状況になったら、auを残します。ウィルコムだけだとエリアが狭いですし、ソフトバンクは携帯に届いたEメールをパソコンに自動転送できない点が痛いのです。

auはエリアが広いのと、携帯に届いたEメールをPC用のアドレスに自動転送できるところが長所ですね。

なお、3月は携帯電話3社での契約純増数が955,600となっています。ちなみに、携帯電話3社での過去の純増数は下記のようになっています。

携帯電話3社での契約純増数
2006年 10月 265,200
11月 376,100
12月 482,200
2007年 1月 379,300
2月 447,100
3月 955,600

やはり3月は一年で一番携帯の加入者が増える時期ですね。今後もソフトバンクNTTドコモKDDIの業績には注目していきたいと思います。

▼関連記事

2007年2月の携帯電話・PHS加入者数、docomo・au・softbankは3社とも純増

2007年1月の携帯電話・PHS加入者数、ソフトバンクが躍進、ドコモは苦戦

2006年12月の携帯・PHS加入者数、MNPでauの一人勝ち状態

2006年11月の携帯・PHS加入者数、NTTドコモが初の純減 KDDIが強い

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする