任天堂、今期4度目の業績予想上方修正

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月4日、任天堂が今期4度目となる平成19年3月期の業績予想の修正を発表しました。業績の修正は速報のかたちを取っているため細かな数字を示していません。しかし売上の見通しは公開しています。任天堂によれば、これまで9000億円と予想されていた通期の連結売上高は、およそ660億円増加し約9660億円になります。

連結売上高の増加に伴い、連結営業利益、連結経常利益、連結当期純利益も増加する見込みです。しかし、具体的な金額については決算集計に鋭意努力中としており、4月26日に予定されている決算発表の場で金額とその内容を発表するとしてます。

業績上方修正は本日の午前11時に発表されました。任天堂の株価は、前場終値はマイナスだったのですが、上方修正発表により前日比+700円の34,350円で取引を終えました。

また、今日は、任天堂関連銘柄として有名なミツミ電機の株価も前日比+120 (+3.17%)の終値3,900円と堅調に推移しました。

・関連記事 任天堂関連銘柄

▼上方修正の内容について

任天堂の上方修正ですが、同社が展開する携帯ゲーム機ニンテンドーDSのハードとソフトの売上が好調だからです。

また任天堂はこれに加えて、期末時点で保有する外貨建ての資産と負債の為替未予約(為替レートを固定していない)分の評価替えを行なうことで、為替差益が発生するとしています。その金額は、従来の100億円の為替差損から約200億円の為替利益となり、利益はおよそ300億円増加します。

(ドル/円で115円、ユーロ/円で143円と想定していた為替レートが、期末実績でドル/円が118.05円、ユーロ/円が157.33円となっています。)

上方修正発表を見ての私の感想ですが、やはりニンテンドーDS強しです。Wiiは今のところ驚愕のヒット商品といえる段階ではありませんが、DSは間違いなくモンスター商品です。

DSは2004年12月に発売された商品でありながら、未だに店頭で品薄となっています。そのため、ヤフーオークションでは希望小売価格を超える価格で取引がなされていたり、TSUTAYA(ツタヤ)の店頭ではアメリカから逆輸入したニンテンドーDS Liteが高値で販売されていたりします。

こういった異常事態が解消されるまで、任天堂は業績の好調を維持できそうです。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする