イーアクセスの子会社のイーモバイル、今日13年ぶりに携帯業界に参入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月31日、イー・モバイルが東京23区や愛知と京都、大阪の3府県の中心地で、携帯電話による高速データ通信サービスを開始ししました。携帯電話業界への新規参入事業者は13年ぶりです。

イーモバイルはADSL大手、 イー・アクセスの子会社で、受信で最大毎秒3.6メガビットの高速データ通信を月5980円の定額で提供します。つなぎっぱなしで使っても、大容量のデータをダウンロードしても定額で使えるのが特色です。

私の住んでいる場所は地方都市でありエリア外なので、イーモバイルの通信端末は使えません。ですが、イーモバイルには期待しています。イーモバイルの加入者が急増すれば、既存の携帯電話会社がデータ通信の料金を値下げしてくるかもしれないからです。

イーモバイルの参入が刺激になって、最大3.6Mbpsの通信速度が出るFOMAハイスピードなどの料金が定額になってくれれば最高ですね。

モバイルトレードについて

私はウィルコムの最大256kbpsの速度が出る通信カードを、ノートパソコンに挿して、以下のトレーディングソフトを使ったことがあります。

  1. 楽天証券マーケットスピード
  2. イートレード証券のHYPER E*TRADE

正直、256kbpsでは、これらのトレーディンソフトを使うのはしんどかったですね。株価チャートの情報を取得するのにけっこう時間がかかりました。やはりPC向けトレーディングツールを使うには、メガクラスの通信速度が出る環境でないと厳しいと感じました。

現状、ウィルコム、ソフトバンク、NTTドコモ、au (KDDI)のユーザーが移動中にトレードをするには、携帯向けトレーディンソフト※を使った方が無難でしょう。

イーモバイルの参入が刺激になって、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの中から「パソコンで高速のデータ通信ができる料金定額サービス」が出てくれば、この状況も変わってくるでしょうが。

▼関連記事

携帯電話用トレーディングツール比較表

「携帯電話向けの株取引・日経225先物取引用トレーディングツール」の記事カテゴリ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする