大証、日経225先物取引のイブニング・セッション開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月18日、大阪証券取引所のイブニング・セッション(夕方取引)が始まりました。

イブニングセッションとは平日の16:30~19:00に、日経225先物,日経225mini,日経225オプションの取引ができる市場のことです。

各証券会社のイブニングセッション取扱いの有無については、下記リンク先のページをクリックしてみて下さい。取扱いの有無を比較表に記載しています↓

9月18日のイブニングセッションの様子

9月18日の日経225先物取引市場における「昼間の取引」と「イブニング・セッション」の概況をまとめてみました↓

昼間(9:00~15:10) イブニングセッション(16:30~19:00)
日経225先物出来高 103213枚 1293枚
日経225先物始値 15940円 15810円
日経225先物高値 15950円 15860円
日経225先物安値 15740円 15810円
日経225先物終値 15780円 15830円
日経225mini出来高 200393枚 4483枚
日経225mini始値 15945円 15815円
日経225mini高値 15955円 15860円
日経225mini安値 15745円 15800円
日経225mini終値 15765円 15835円

ちなみに、私はイブニングセッションの気配値は松井証券ネットストックハイスピードを使って眺めていました。リアルタイムで先物の価格が更新されるので便利です。

ただ、今のところ松井証券ではイブニングセッションでの発注ができません。

イブニングセッションの取引を眺めてみての感想ですが、初日なためか板は薄かったです(流動性が低い)。大口の発注が少ないため、まだ機関投資家がほとんど参加しておらず、個人投資家の取引が大部分であるという印象を持ちました。

まあ、初日ですし、これからといったところでしょう。日経225miniの取引も昨年の開始当初は出来高が少なかったものの、今では非常に出来高が大きくなっています。イブニングセッションも活況になることに期待したいと思います。

備考:イブニング・セッションの略称、別称など

  • ES (Evening Session)
  • イブ
  • イブセ
  • イブセッション
  • 夕方取引
  • 夕方市場
  • 夕場

▼当サイト関連記事

日経225ミニの取引を始めるまでの手順

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする