ジェイコム男BNFさん動画特集その3 【テレビ朝日「ワイドスクランブル」出演編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNFさん動画特集その3です。今回紹介するのは、BNFさんが2006年1月25日にテレビ朝日系列のワイドショー「ワイドスクランブル」に出演したときの動画です。

【B・N・F】資産100億円の”株男” ライブドア事件でも儲けた!? (2006.01.25)

取材日は堀江貴文氏が逮捕された翌日の2006年1月24日です。この頃のBNF氏は顔にボカしをいれ、「B・N・F」というハンドルネームも明かしていません。番組の中では「ネットトレーダーAさん(27歳)」と紹介されています。

BNF氏が楽天証券マーケットスピードを使って株取引をする姿が映像に収録されています。

▼番組内容紹介

2006年1月16日、東京地検特捜部が証券取引法違反容疑でライブドア本社に強制捜査を行い、これを受け翌1月17日、株式市場が暴落しました。いわゆるライブドアショックです。

この番組では、B・N・F氏がライブドアショックでどんな影響を受けたか取材しています。以下、取材記者とB・N・F氏のやりとりです。

B・N・F氏:これ(ジェイコム株誤発注事件の当日)9時28分に最初買って、44分にはもう売ってるんですよ。

記者:利益は?

B・N・F氏:20億円くらいですかね。

記者:ライブドアショックの影響はありました?

B・N・F氏:新興のIT関連とか不動産関連とか持ってたんですけど、3億円以上は損しました。これ以上の悪材料はもう出ないっていう風に思えば、それで株価が上がっていけば、まあ、心配がなくなるというか・・・。まあ、先を行くんですよ株式市場は。

記者:投資家にとってその会社の中身は関係ないですかね?

B・N・F氏:短期の人は意外と気にしない人もけっこう多いですよ。良い会社は株価も常に高いし、悪い会社は悪い会社で安いんですよ。まあ、だから短期の場合はそっから上がるかどうかなんで関係ないんですよね。

この2時間でこれだけ買ったんですよ。含み益ですけど儲けが5000万くらいですかね、今日は。自分がいくら儲けたいからといって相場が都合よく動くわけじゃないんで、一日一日がんばるしかないかな、ぐらいしかないですね。

なお、番組キャスターの発言によると、B・N・F氏は、

  1. ライブドアショックで損した3億円も翌日には取り戻した。
  2. 必ず午前9時前に起きて相場をみるために、枕元には目覚まし用の電波時計を3つ置いてある。

とのことです。

「虎年の獅子座」さんのサイトによると2006年1月24日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比+288円(+1.88%)となったリバンウド相場でした。B・N・F氏はこの日5000万円儲けています。

B・N・F氏はリバウンド相場に非常に強いという印象です。映像を見るに、この日は新興市場のIT銘柄を中心に売買を重ね利益を生み出した模様。この頃はまだ新興市場も売買が活発でした。

※BNFさんに関してさらに詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする