梁山泊の仕手行為での利益率は2パーセント?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月、当サイトで「パチンコの攻略本などを販売する梁山泊グループの元幹部が仕手行為を行っていた」というニュースを配信しましたが、読売新聞から続報が出てきましたので紹介します。

「梁山泊」元社長ら7人を逮捕、株価つり上げ容疑

娯楽情報提供会社「梁山泊」(大阪市西区)のグループ会社幹部らによる株価操作事件で、大阪府警捜査4課は7日、同社の実質経営者で元暴力団幹部の豊臣春国(56)(同)、会社役員・川上八巳(やつみ)(41)(東京都港区)両容疑者ら7人を、証券取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕した。株価つり上げを目的とした不正な株取引はインターネット上で行われたが、逮捕された7人以外にも山口組系暴力団幹部ら約20人の名義が使われており、府警は、豊臣容疑者が協力者からIDやパスワードを借り、取引が活況を呈しているように仮装したとみて追及する。

 調べでは、豊臣容疑者らは、大証ヘラクレス上場のIT関連会社「ビーマップ」(東京)の株価をつり上げるため、2005年3月4~18日、同価格で売り注文と買い注文を同時に出す「なれ合い売買」をインターネット上で繰り返した疑い。3月4日に約29万円だった株価は18日には約38万円に上昇。含み益は最大5000万~6000万円に達したとみられる。

ちなみに、本日の毎日新聞の記事によると豊臣容疑者らは総額約30億~40億円の資金をビーマップ株に投入したとのことです。

仮に「30億円投入して6000万円の利益を上げた」として計算すると、2005年3月4~18日におけるビーマップ株での儲けの利益率は2%です。仕手筋の利益率がこんなに低いとは驚きです。

馴れ合い売買は逮捕のリスクをしょっているのに、利益率2%では割に合わないような? まあ、梁山泊はビーマップ株を何回も売買していたようなので、トータルではもっと儲かってたんでしょうが・・・。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする