「クローズアップ株式」管理人・兜達也のプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■名前:兜達也 (かぶと たつや)

kabuto_tatsuya_nigaoe_nikkei_money_teikyo.jpg

日経マネーさんの取材を受けたときに描いてもらった似顔絵です

■性別:男

■職歴:2002年~2005年 インターネット通信販売を営む会社に勤務。
2006年10月より個人事業主。

■株式投資暦:2002年11月~現在

■株の信用取引暦:2004年2月~現在

【ホームトレード環境】

■メイン証券会社:楽天証券

■日中の情報集め:楽天証券の「マーケットスピード」。マーケットスピードの情報収集能力は素晴らしいですよ~。ロイターや株式新聞からのニュースがどんどん配信されてきます。会社四季報速報も見れますしね。

■パソコン:「静音ショップレイン」で買ったデスクトップ。オーダーメイドのパソコンのため特に型番などはありません。

■オンラインバンク ジャパンネット銀行(ジャパンネットバンク)←楽天証券SBI証券に手数料無料でリアルタイムに入金できるので重宝してます。

【モバイルトレード環境】

携帯電話=「iPhone4 香港版正規品 SIMフリー端末」+「日本通信talking b-microSIM
プラチナサービスのSIMカード」

モバイルトレード用アプリ=楽天証券iSPEED for iPhone

■趣味:株式取引、音楽鑑賞

●株と私

株に興味を持ったのは、2000年に「ヤフーの株価が1億円を超えた」というニュースを目にしたときですね。
なぜそんなことが起こるのか、また株というものは何を基準に価格が決まるのか仕組みを知りたくて興味を持ちました。

そして、2002年に30万円を元手に株式投資を始めたわけです。

株式投資を初めて最初に読んだ本が「インターネット株投資入門―10万円から始められる資産作り」というファンダメンタルズ重視の本でした。

そのため、最初はテクニカル指標やチャートに目もくれず、ひたすら企業の業績だけを重視して投資をしていました。2003年は上げ相場になったため、ファンダメンタルズ投資がうまくいきました。

しかし、2004年はボックス相場だっため、買ってもちっぱなしのファンダメンタルズ投資では芳しい成果が出ませんでした。

2005年はテクニカル指標を見つつ、試験的に短期トレード中心で取引しましたが、資産が年間で約60%増えました。日経平均の急上昇に助けられたと思います。

2006年はライブドアショックの影響を受け、株取引で初めて損失を出した年でした。

その後、短期トレードに回す資金は縮小し、2008年頃から配当利回りを重視した投資を行っています。

●音楽と私

趣味はもちろん株式投資なのですが、音楽も大好きです。
好きなミュージシャンは、ビートルズ・村下孝蔵・Bz・TMN・BOOWYなどです。
私の年齢がばれましたでしょうか?
ちなみに、ビートルズと村下孝蔵さんのCDで聴いたことがない方は、「ビートルズ後期ベスト・青版と「林檎と檸檬~村下孝蔵ベストセレクション」はぜひ聴いてみて下さい。
きっと人生が豊かになりますよ。

●このブログについて

当ブログはリンクフリーです。
リンクを張っていただけるのは大変嬉しいことです。
どのページにリンクを張っていただいても結構ですが、トップページhttp://kabushiki-blog.com/
にリンクを張っていただけると嬉しさもひとしおです。

また、ブログの内容に明らかな間違いがありましたら、コメントいただけると幸いです。
できれば、ハンドルネームを書いてくださると嬉しく思います。

コメントは人に読まれるので恥ずかしいという方は、メールフォームを用意していますので、下記のリンク先をクリックして、そこからメールを送って下さい。

■メールフォーム

それでは、今後ともよろしくお願いします。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年1月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする