ジェイコム男BNF氏にテレビ局の取材が殺到 日経平均暴落で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月28日、日経平均株価が515円安と暴落しました。そのため、28日に多数のテレビ局がジェイコム男BNF氏に取材を行っています。

まず、夕方、テレビ朝日のスーパーJチャンネルにBNF氏が登場。

また、同じ頃、フジテレビのFNNスーパーニュースにBNF氏が登場。

さらに、22時ごろ、テレ朝の報道ステーションにもBNF氏が登場しました。

※スーパーJチャンネルには「ネットトレーダー」の名前で登場。
スーパーニュースには「デイトレーダーA氏」の名前で登場。
報ステには「ネットトレーダー(28)」の名前で登場。
BNF氏というハンドルネームはどの局でも表記されませんでした。

▼三つの番組を見てわかったこと

  1. BNF氏は相変わらず楽天証券マーケットスピードを使っている。メインディスプレイ3枚には全てマケスピの画面を映している。
  2. 左側に机を置き、その上にノートパソコンを置いて起動させている。パソコンのメーカーは不明。映っている画面は、おそらくマケスピ。
  3. デスクトップPC用のキーボードとマウスは各3個ずつ。
  4. 2月28日時点で楽天証券に入れている資産は75億1789万8911円、28日に楽天証券で損した金額は1億2185万7500円。他にも証券口座を持っていて、そちらでは本日約1億円損。運用資産はトータルすると100億円以上。

28日は一日で200回ほど取引したBNF氏。そのBNF氏のマーケットスピードの画面が一部、報ステの動画に映っていました。映っていた銘柄は下記のようになっています。

  1. ソフトバンク
  2. 新日本製鉄
  3. トヨタ自動車
  4. 三菱商事
  5. 住友金属工業
  6. ソニー
  7. みずほフィナンシャルグループ
  8. 三菱UFJフィナンシャルグループ
  9. NTTドコモ
  10. キヤノン
  11. 三井住友フィナンシャルグループ
  12. 住友鉱山
  13. 野村ホールディングス
  14. 本田技研
  15. 武田薬品
  16. 双日
  17. JFEホールディングス
  18. 東京電力
  19. 三菱地所
  20. 三井物産

映像をスローモーションにして見ましたが、このとき、BNF氏はマケスピで売買代金ランキングを見ていたようです。BNF氏ほどの運用資金になると、流動性の高い銘柄でないと手を出しにくいのでしょう。

▼BNF氏発言集

スーパーJチャンネル
まあ、この証券会社(楽天証券)に預けているのが75億円で損した分は1億ってことですね。合計2億円くらい今日は損しました。

スーパーニュース
2億円くらい損してます。まあ、でも久しぶりのけっこうキツい下げって感じですかね・・・ずーっと上がってたんで。

報道ステーション
BNF氏:大体こんな感じで今日は下がってるんで、もう今日は取り戻せないですね。まあ、この証券会社(楽天証券)に預けているのが75億で、この証券会社の分で損した分が1億ってことですね。

記者:今日一日でですか?

BNF氏:1億円損したところですね。

記者:別の証券会社でも?

BNF氏:他の証券会社でも1億くらい損しているので合計2億円くらい今日は損しました。今日はけっこう特別な感じですね。だから2億ですんでよかったって感じですね、自分の中では。下手すると、ほんともう2、3億損しておかしくなかったんで。

▼BNFさん関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする