カブドットコム証券、FXの手数料を無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券が2月1日からFXの手数料を無料化すると発表しました。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2010年1月15日

外国為替保証金取引(FX)手数料の無料化について
~ 安心・高品質の取引基盤で、スプレッドとあわせて主要ネット証券最低水準となるコストを実現 ~

カブドットコム証券株式会社は、平成22年2月1日(月)約定分(予定)から、外国為替保証金取引(FX)の手数料を無料化いたします。

当社のFX取引は保証金として代用有価証券を可能とするなど従来からお客さまのFX取引をサポートする機能・サービスの向上に努めてまいりましたが、現行の1万通貨あたり200円の取引手数料を無料化し、スプレッドとあわせた取引コストを主要ネット証券最低水準に引下げることにより、一層お客さまへのサービス強化を図ります。

● 取引手数料改訂の内容
(改訂内容) 1取引通貨あたり一律片道2銭(1万通貨あたり200円) → 一律0円【無料】
(改 訂 日) 平成22年2月1日(月)約定分から(予定)

● カブドットコム証券のFXの特徴

<主要ネット証券最低水準のコスト実現>
通常時でもメジャー3通貨ペア(米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円)などは主要ネット証券最低水準のスプレッドですが、今回の手数料無料化に現在実施中のキャンペーンスプレッドを適用することにより、豪ドル/円、ランド/円を含む当社取扱い12通貨ペア全てで主要ネット証券最低の取引コストとなります。

(主要ネット証券各社のスプレッド)
平成22年1月14日現在、各社のホームページを参照し当社作成





























































  手数料 主要通貨ペアの各社標準スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ランド/円
カブドットコム 無料化 2銭 4銭(3銭) 6銭(4銭) 5銭(3銭) 6銭(3銭)
SBI証券 無料 2銭 4銭 8銭(6銭) 4銭 6銭(4銭)
楽天証券 無料 2銭 4銭 8銭 3~4銭 3.8~5銭
マネックス証券 無料 2銭 4銭 6銭 4銭 5銭
松井証券(NetFX) 有料 4銭 4銭 10銭 8銭 8銭

※ 当社手数料は2月1日以降。スプレッドとはお客さまに提示される買値レートと売値レートの価格差(幅)です。
※ 当社、SBI証券の( )内はキャンペーンスプレッド。当社のスプレッドキャンペーンは平成22年4月1日午前5時59分まで適用。SBI証券のキャンペーン期限は同社公表によると1月30日まで。

<抜群のスプレッド安定性>
為替市場の変動が激しい時や市場参加者が非常に少ない時などには、スプレッドが拡大しお客さまに不測の取引コスト増を強いるおそれがあります。

カブドットコムのFXでは、サービス開始以来、リーマンショックで大きく市場環境が揺れ動いた平成20年~21年を含めお客さまに提示するスプレッド幅が拡大したことはありません。

※ 上記は過去の実績であり、将来のスプレッド維持を保証するものではありません。

(カブドットコムのFX取引基準スプレッド)

































米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ランド/円 ユーロ/米ドル
2銭 4銭(3銭) 6銭(4銭) 5銭(3銭) 6銭(3銭) 4pips(2pips)
NZドル/円 加ドル/円 スイス/円 SGドル/円 香港ドル/円 ポンド/米ドル
6銭(4銭) 8銭(4銭) 6銭(4銭) 5銭 2銭 4pips(3pips)

※ ( )内の赤字数値はキャンペーンスプレッド
※ 基準スプレッドは将来変更することがあります。変更する場合には予めご案内いたします。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

カブドットコム証券のFXサービスの最大の特徴は、株券や投資信託をFXの担保(証拠金)として利用できる点です。

株取引もFX取引も行いたいというユーザーにとって、カブドットコム証券は便利かもしれません。

▼関連記事

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧

楽天証券、「マーケットスピードVer.8.0」を7月19日にリリース 楽天FX取引に対応

楽天証券、「楽天FX」における外国為替証拠金の信託保全を開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする