梁山泊は仕手筋だった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに多数のメディアで報道されていますが、パチンコの攻略本などを販売する梁山泊グループの元幹部が2004~2005年にかけて仕手行為を行っていたようですね↓

元幹部に株価操作容疑、パチンコ攻略法の「梁山泊」捜索・・・日経新聞 2007.2.14

パチンコ攻略法で知られる情報提供会社「梁山泊」の元幹部らが、大証ヘラクレス上場の情報通信サービス会社「ビーマップ」株の取引で株価を不正につり上げていたとして、大阪府警捜査四課と証券取引等監視委員会は14日、大阪市西区の梁山泊本社などを証券取引法違反(相場操縦)容疑で家宅捜索した。暴力団幹部など数十人の名義を使いインターネットで取引していたという。

■梁山泊グループ 別のIT株でも売り抜け!?・・・MBSニュース 2007.2.16

さらに梁山泊グループは、2004年に東証マザーズ上場の別のIT企業の筆頭株主にもなっていて、半年後に株価が6倍に跳ねあがった時点で売り抜け、多額の利益を得ていたということです。

 梁山泊グループは、株数が少ない新興市場を舞台に株価操作を繰り返していた可能性もあり、警察は押収したパソコンのデータを解析しています。

いつの時代にも仕手集団はいるということですね。時価総額の小さい新興市場銘柄は仕手筋のターゲットにされやすい傾向があります。

▼ギャンブルの期待値について

ギャンブルにおける投資金額に対する平均リターン(いわゆる期待値)は、だいたい下記のようになっています。

種類         平均リターン
パチンコ・パチスロ  約90%
競馬などレース系   約75%
宝くじなどクジ系   約50%

というわけで、平均的な人間はギャンブルをやればやるほど元手を減らしていくことになります。いわゆるマイナスサムゲームというやつです(もちろんギャンブラーの技量には偏りがありますので、中には元手を増やしていく人もいます)。

パチンコ・パチスロ業界で儲けようと思ったら、パチンコやパチスロをやるより梁山泊のように攻略雑誌を作成販売した方が堅いということになります。

なお、確実に儲けるために、なれ合い売買などの仕手行為をやるのは明らかに非合法です。

▼株式投資と期待値について

ネット上で、「株式投資をギャンブルとして捉えた場合、胴元は証券会社であり、証券会社に払う手数料はしれているのだから、株式投資は全てのギャンブルの中で一番期待値が高い」という議論を目にすることがあります。

しかし、私は証券会社以外にも、個人投資家から資金を搾取している胴元が存在すると考えています。

▼個人投資家から資金を搾取する胴元

  1. 仕手筋
  2. 質の悪い企業を上場させる証券取引所ならびに証券会社
  3. 上場企業による公募増資・MSCBなどの資金調達

1についてですが、仕手株に手を出すと一気に儲かる可能性もありますが、多くの個人投資家は損を出すでしょう。仕手相場における胴元は仕手筋であり彼らがゲームのルールを決めているわけですから、仕手筋が一番儲かるに決まっています。

2についてですが、残念なことにろくに利益も出せない企業を上場させる証券会社や証券取引所は日本市場に実在します。質の悪いIPO銘柄に手を出すと、個人投資家は初値天井を掴まされる可能性が高くなります。
 新規上場銘柄を出せれば、証券取引所は新規上場企業からの上場費用の徴収で儲かりますし、証券会社は手数料で儲かります。というわけで、個人投資家の損など知ったことではないという態度の証券会社や証券取引所が存在するわけです。

3についてですが、公募増資やMSCBの発行などで株式の数が増えると、既存の株の希薄化が起こり、通常株価が下落します。企業は資金調達ができてハッピーでも、既存株主は株価下落でダメージを受けるわけです。まあ、公募増資の資金調達は仕方がないといえば仕方がないことなのですが。企業は資金調達をするために上場するわけですから。

仕手相場やレベルの低いIPO銘柄に手を出すと、株式投資はマイナスサムゲームになってしまいます。ゆえに、株式投資をマイナスサムゲームにしないためには、「仕手相場に手を出さない」「レベルの低いIPO銘柄に手を出さない」「財務状況の悪い企業の銘柄に手を出さない」といった工夫が必要といえるでしょう。

備考:マイナスサムゲームとは

マイナスサムゲームとは、個々の取引を見ると勝っている人もいれば負けている人もいるものの、全体での合計をみた場合はマイナスになっている状況のことです。

全体での総和”sum”がゼロだとゼロサムゲーム、総和がプラスだとプラスサムゲームです。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする