マネックス証券における米国株の取扱い銘柄数の解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券大手7社※の中で、米国株取引のサービスを個人投資家向けに提供している会社はマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

3社の中で米国株の個別銘柄の取扱いの数が多いのはマネックス証券になっています。比較表を使いながら取扱い銘柄数の解説をします。

▼ネット証券大手の米国株の取扱い銘柄数

SBI証券
楽天証券
取扱い銘柄数 (個別銘柄)
2942
約950
939
取扱い銘柄数 (ETF)
148
148
148

ETF(上場投資信託)の数では、三社とも大差はありません。しかし、個別銘柄の取扱い銘柄の数では、マネックス証券が他に比べて約3倍ほど多くなっています。

取扱い銘柄数が多いので、「他社で取引できないがマネックス証券なら取引できる」といった銘柄もあります。

例えば下記の銘柄は、今のところマネックス証券だけ取引が可能となっています。

会社名 ティッカーシンボル 備考
ウェンディーズ WEN ハンバーガーのウェンディーズを中心とするファストフードレストランのチェーンを運営
クロックス CROX クロックスブランドで有名な靴メーカー。アウトドアスポーツ、ウオータースポーツなどで人気のサンダルを製造販売

SBI証券や楽天証券で、自分が取引したいアメリカの個別銘柄が見つけられなかったときは、マネックス証券のウェブサイトでも探してみた方がよいでしょう。

■備考 ティッカーシンボルについて

米国株式市場におけるティッカーシンボルとは、日本の株式市場における証券コードに相当します。

日本市場だと例えばソフトバンク株の証券コードは「9984」で、数字になっています。これに対して、アメリカ市場では、会社名にちなんでティッカーシンボルが作成されることが多くなっています。例) Wendy’のシンボルはWEN。

なお、ティッカーシンボルは「ティッカー、シンボル、シンボルマーク」などと呼ばれることもあります。

 ※ネット証券大手7社 ・・・ SBI証券、楽天証券、松井証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券、マネックス証券、岡三オンライン証券のことです

▼関連記事

マネックス証券で米国株の特定口座対応が2013年12月16日から開始

マネックス証券、「米国株 手数料キャッシュバック キャンペーン」実施中

マネックス証券における米国株の取引手数料の解説

マネックス証券、米国株取引の手数料を改定

マネックス証券の米国株取引ツール「トレードステーション」を使った感想

マネックス証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

マネックス、米国株取引において「ECN(電子取引所)配信のリアルタイム株価」を導入

マネックス証券、米国株取引にツイン指値注文と連続注文を導入

マネックス証券、「米国株四半期速報」をリリース

2010年分から特定口座で譲渡損失と配当金の損益通算が可能となっています

一般口座とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする