ジェイコム男BNF氏が4つの投資術の極意を公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年2月2日の東京スポーツ新聞に載っていた、ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事を紹介します。タイトルは下記のようになっています。

「東京スポーツ」2007 年 2月 2日

これがジェイコム株騒動の20億円大儲け男
4つの投資術 極意公開

▼4つの投資術

  1. イベント前に売る・・・例えば、任天堂のWiiが発売されることが決まれば、事前に仕込んでおいて発売数日前に売る。この手法は実際にイベントがあるまでは株価が下落するリスクが低いので安心感がある。
  2. 情報は無料で入手・・・情報源はネット証券が無料で配信するニュースと2ちゃんねるのみ。GDPなど日本市場に大きな影響を与える経済指標の発表は2ちゃんねるからゲットする。情報が早くて無料なので。
  3. 日経平均先物に注目・・・先物の数字を見ておくと(日経平均)先物の数字を見ておけば、日経平均株価がどうなるかある程度の予測がつく。上がりそうなら、その流れに合わせて銀行、造船、鉄鋼などの大型株を購入する。
  4. 目標を立てない・・・目標を立てるとそれが達成できなかったとき、無理なトレードを行い大損に繋がることがある。相場は自己の都合で動かないので、相場に自分の都合を持ち込まない。

1についてですが、BNF氏がこの投資術に関して語るのは初めて見ました。この投資術を聞き出しただけでも、東スポの取材には意味があったといえるでしょう。

「人より早く情報を入手して買い、人より早く売る」というトレーダーの基本ともいえる投資術ですが、実際に儲けるのはなかなか難しいものです。買うのが早すぎると、みながそのイベントを知らない状態なので株価は上がりませんし、買うのが遅すぎるとみながそのイベントを知っている状態なので高値掴みをする危険性があります。タイミングの見極めが重要です。

2についてですが、詳しく知りたい方は当サイトの「ジェイコム男BNF氏の「2ちゃんねる」の使い方」という記事をご覧下さい。BNF氏はLive2chという2ちゃんねる専用ブラウザを使っています。

BNF氏の影響で私もLive2chを使うようになりましたが、これを使うと2ちゃんねるのスレッドを読むのが楽になります。2ちゃん専用ブラウザをまだ導入していない方には、おすすめのソフトです。

3についてですが、詳しく知りたい方は当サイトの「ジェイコム20億男BNF氏の順張りスイングトレード手法」という記事をご覧下さい。デイトレーダー、スイングトレーダーにとって日経225先物の市場価格は重要な指標です。

4についてですが、以前からBNF氏は目標は立てないと言っています。いらぬ精神的プレッシャーを排除しているのでしょう。

なお、記事の写真を見るに、BNF氏は相変わらず楽天証券マーケットスピードを使用しています。

▼BNFさん関連記事

※BNFさんについて詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする