ソフトバンクモバイル、ホワイトプラン+980円で通話料半額の「Wホワイト」3月1日開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月25日、ソフトバンクモバイルがホワイトプラン向けの新しい割引サービスについて発表を行いました。名前はWホワイト(ダブルホワイト)です。Wホワイトは月額980円で、国内あての通話料が30秒当たり21円から10.5円に割引されるサービスとなっています。

以下、ソフトバンクモバイルウェブサイトのPDFからの抜粋です。

ソフトバンクモバイル、割引サービス「Wホワイト」を3月1日より発売開始

プラス980円で、通話料10.5円/30秒になる「Wホワイト」販売開始

 ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫正義)は、発売以来好評いただいている「ホワイトプラン」について、国内通話料が半額の10.5円/30秒(税込)となる割引サービス「Wホワイト」を3月1日(木)より販売開始します。「Wホワイト」は、定額料980円/月(税込)で、「ホワイトプラン」専用の割引サービスです。
 
「Wホワイト」加入時は、国内TVコール(テレビ電話)通信料/64Kデジタルデータ通信料についても、半額の18.9円/30秒(税込)となります。
 
なお、現在ソフトバンク携帯をご利用中のお客さまの「Wホワイト」への加入は、2月21日(水)より先行受付いたします。

「Wホワイト」の概要は、以下のとおりです。

1.名称: Wホワイト
2.定額料: 980円/月(税込)
3.割引内容:


























国内通話料
相手先/時間帯 割引前 割引後
ソフトバンク携帯電話宛(1~21時) 無料 無料
ソフトバンク携帯電話宛(21~1時) 21円/30秒(税込) 10.5円/30秒(税込)
上記以外 21円/30秒(税込) 10.5円/30秒(税込)

















国内TVコール通信料/64Kデジタルデータ通信料
相手先/時間帯 割引前 割引後
相手先/時間帯に関係なし 37.8円/30秒(税込) 18.9円/30秒(税込)

4.販売開始時期: 2007年3月1日(木)
 
 
なお、現在ソフトバンク携帯をご利用中のお客さまは、自動音声応答サービス(*5535<フリーコール>)およびオンラインサービス「My SoftBank」(パソコンおよび携帯電話)にて2月21日(水)より先行受付。
 
ただし、契約変更/機種変更/買い増しを伴う場合は3月1日からの受付。

以上

~~~以上、ソフトバンクモバイルウェブサイトのPDFからの抜粋~~~

▼Wホワイトの発表文を見て個人的な感想

率直に言って「安いな」という印象を受けました。ホワイトプランにWホワイトをつけると、国内あての通話料が30秒当たり10.5円になるわけです。月額基本料金は「ホワイトプラン980円+Wホワイト980円」でわずかに1960円(税込)です。

この基本料金で30秒当たり10.5円という通話料はなかなか画期的です。例えば、NTTドコモの場合、30秒当たり10.5円となる料金プランはタイプLになります。タイプLの月額基本料金は割引サービスを付けないと税込10,080円です。新いちねん割引とファミリー割引をつけると税込6,552円です(無料通話6300円分付き)。

auの場合、似たようなプランとしてはプランLがあります。通話料は30秒/12.6円(税込)となっています。プランLの月額基本料金は割引サービスを付けないと9,975円(税込)です。「MY割」か「年割+家族割」を付けると6,333円(税込)になります(無料通話6,615円分付き)。

ドコモやauでも無料通話を必ず使いきっているという人にとっては、ソフトバンクのWホワイトは大して魅力がないかもしれません。しかし、月によって通話時間が大きく変動するという人にとっては、通話した分だけ料金を払えばいいWホワイトはメリットがあると思われます。

ちなみに私はauとソフトバンクの携帯を持っていますが、Wホワイトが始まったらauを解約しようかと少し悩んでしまいます。月によって通話時間に波があるので無料通話分がないWホワイトは魅力的です。ただ、当サイトで何度も書いていますが、私はソフトバンクで輻輳が起こらないか心配しているので、結局auを持ち続けるかもしれません。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする