ジェイコム男BNF氏の買い注文のインパクトはヘッジファンド級?  日経テレコン21の日経速報ニュースより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏が日経テレコン21の「日経速報ニュース」に出ていたので紹介します。

景色一変でも「株名人」健在――スクランブル(1)2007/01/15, 01:00, 日経速報ニュース, 777文字

~前略~

 昨年暮れ、空前の大商いで相場を引っ張った新日本製鉄株。「鉄の舞い」の陰にひとりの個人が躍っていた。みずほ証券のジェイコム株誤発注で20億円を稼いだB・N・Fさん(28)だ。買い注文は300万株(20億円)に達するときもあった。インパクトはヘッジファンド級だ。

 B・N・Fさんの昨年の利益は約50億円。運用資産は150億円を超えた。高層マンションの一室にディーリングルームを構え、大型株を中心に売買している。住友金属工業、神戸製鋼所など鉄鋼株の取引が多いという。

 元野村投資顧問ファンドマネジャーの伊藤道臣さん(47)は昨年運用資産を2倍に増やした。通信会社に勤務しながら人気WEBサイトを手掛ける夕凪さん(39)は40%のリターンを得た。ちなみに追加型日本株投信約650本の昨年の運用成績は平均でマイナス2%。運用のプロが苦戦を強いられる中で「すご腕」ぶりを見せつけた。

 株名人の共通点は研究熱心なこと。盛学志さん(32)の狙いは低PBR銘柄だが、手あかのついていない「薄商い」も条件にさらにふるいをかける。B・N・Fさんも深夜2時まで米国株をチェックする。「わいてでてきたような個人は(ライブドアの)いかがわしい話にだまされ深傷を負った。相場をきちんと勉強した個人が相場とつきあえる」(木村喜由・日本個人投資家協会理事)。

ところで、今回の日経速報ニュースにはBNF氏以外にも著名な投資家が取り上げられていますね。伊藤道臣氏は「選抜株式レース~全日本株式投資選手権~」というサイトの運営者です。

夕凪氏は通信会社に勤務しながらも、¥塾というサイトで株式投資の講師もされている有名な個人投資家です。私は、夕凪氏が運営している「夕凪のイベント投資日記」というサイトをよく読んでいますが、ご存知ない方には一読をおすすめしたいサイトです。

▼BNFさん関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする