ウィンドウズビスタ関連銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年1月30日に全世界でマイクロソフトの最新OS 「Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)」が発売されます。ウィンドウズビスタ関連株をピックアップしてみました↓

▼ウィンドウズビスタ関連銘柄

  1. ワコム <6727> ――ビスタに標準装備されるペン入力に不可欠のペンタブレットを手掛けるメーカー。
  2. メルコホールディングス <6676> ――PC周辺機器メーカー1位のバッファロー(旧メルコ)を傘下に擁す持ち株会社。
  3. アイオーデータ <6916> ――パソコン周辺機器で2位のメーカー
  4. エルピーダメモリ <6665> ――国内唯一のDRAM専業メーカー
  5. 新光電気工業( <6967> ――半導体用リードフレーム・パッケージの大手。MPU(超小型演算処理装置)のパッケージメーカー。
  6. イビデン <4062> ――電子回路・建材・特殊炭素など多面展開、開発力高い。MPU(超小型演算処理装置)のパッケージメーカー
  7. 日本ケミコン <6997> 、――アルミ電解コンデンサーで首位
  8. トーカロ <3433> ――部品等の溶射加工専業最大手。エッチング装置向けに強みを持つ
  9. ザインエレクトロニクス <6769> ――自社ブランドLSI(集積回路)の設計開発。モニター向けデータ伝送用半導体などを手掛けている。
  10. 日本ガイシ <5333> ――セラミックパッケージを手掛ける
  11. 山洋電気 <6516> ――CPU用冷却ファインの製造・販売。
  12. 日本写真印刷 <7915> ――総合印刷中堅、多色印刷技術優位。一般印刷からエレクトロニクス関係など特殊印刷へ展開。ノートパソコン向けタッチパネルを製造。
  13. キヤノン <7751> ――マイクロソフトと共同で色彩管理システムを共同開発しビスタに搭載
  14. 日立 <6501> 、東芝 <6502> 、NEC <6701> 、富士通 <6702> 、松電産 <6752> 、シャープ <6753> 、ソニー <6758> ――代表的なパソコンメーカー

一応、最後にパソコンメーカーを取り上げてみましたが、パソコンには期待しない方がいいでしょう。パソコンは価格競争が激しすぎます。OSにwindowsを搭載しているPC/AT互換機と呼ばれるパソコンはパーツに互換性があるため組み立てが容易です。そのため、大企業から中小企業まで数多くの会社がパソコン市場に参入しており、価格競争を繰り広げています。

パソコンは儲かりませんが、ビスタは下記のように大容量のメモリーを必要とするためメモリーメーカーには恩恵をもたらすかもしれません。

▼以下、ウィキペディアの「Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)」の項目より「Windows Vistaの動作に必要な最低システム」を抜粋

マイクロソフトが現在公示しているWindows Vistaの動作に必要な最低システム構成は次の通りである。


  • 800MHzのプロセッサ
  • 512MBのメモリ
  • 20GBのハードディスクで、空き領域が15GB以上あること
  • DirectX 9対応のグラフィックプロセッサ

また、Windows Vista Premium Ready PCと呼ばれるものも存在しており、こちらはWindows Vista Ultimate Editionが利用可能な環境に与えられる。Premium Readyのロゴシールもある。Premium Readyに準拠した環境は次の通りである。


  • 1GHz以上のプロセッサ
  • 1GB以上のメモリ
  • Aeroに対応したグラフィックプロセッサ(DirectX 9対応でビデオメモリ128MB以上搭載、かつデバイスドライバがMicrosoft Windows Vista Display Driver Model(WDDM)に対応していること)
  • 40GB以上のハードディスクで、空き領域が15GB以上あること
  • DVD-ROM搭載
  • オーディオ出力
  • インターネットに接続可能

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする