ホワイトプランが目的でソフトバンクの携帯を購入しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。クローズアップ株式管理人の兜達也です。1月5日にソフトバンクモバイルがホワイトプランという新しい料金プランを発表しましたよね。

 ・関連記事 ソフトバンクモバイル、月額980円の「ホワイトプラン」発表 夜間除き同社携帯同士はかけ放題

この発表を見て、私、ソフトバンクモバイルの携帯を衝動買いしてしまいました・・・。すでにauの携帯とウィルコムのPHSを持っているので、ついにダブルホルダーを越えてトリプルホルダーです。我ながら完全に病気です(^_^;)

普段ソフトバンクに対してけっこう批判的な記事を書いてきた私ですが、ホワイトプランにはやられました。友人にわりとソフトバンカー(ソフトバンクのユーザーのこと)が多いので、ついつい試しに使ってみたくなったのです。

私は、1月7日に705Pというパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の携帯を買ったのですが、ちょっと先走り過ぎました。というのもソフトバンクモバイルには「月の途中で料金プラン変更の申請をしても、実際にプラン変更が反映されるのは翌月の締め日から」というルールがあるからです。

新規ユーザーがホワイトプランを契約できるようになるのは1月16日からとなっています。そのため私はオレンジプランという料金プランで契約したのですが、上記のルールがあるためホワイトプランを使えるのは2月からとなります。というわけで、私のソフトバンクフォンは1月末まで休眠状態にします。。

ちなみに、NTTドコモの場合、月の途中で料金プランの変更ができます。auは「月の途中で料金プラン変更の申請をしても、実際にプラン変更が反映されるのは翌月から」となっています。auとソフトバンクにはドコモを見習ってもらいたいものです。

今回、ソフトバンクの携帯を購入するにあたって思ったのは「ホワイトプランはウィルコムキラー(ウィルコム殺し)だよなあ」ということです。

ウィルコムには2900円でPHSに通話料無料でかけ放題のウィルコム定額プランという料金プランがあります。

ウィルコム定額プランができてから、ウィルコムはカップルや法人ユーザーなど「特定の相手との通話が多いユーザー」を顧客に取り込んできました。しかし、ホワイトプランは基本料金が980円と安いので、今後、特定の相手との通話が多いユーザーを多く取り込んでいくと思われます。

私はウィルコムのPHSを持っていますが、ウィルコムのPHSを持っている友人・知人が2人しかいません。ソフトバンクユーザーの友人はけっこういるので、新たにソフトバンクの携帯も購入してみました。

ホワイトプランですが、21~25時の間の通話は相手がソフトバンクでも有料になります。これがどれくらい鬱陶しいものなのかは使っていくうちにわかるでしょう。鬱陶しければソフトバンクを解約するかもしれません。1年も経てば結果は出ていると思います。

でもですね、こんなこと書いてますけど、「ウィルコム定額プラン & ホワイトプラン」の両刀使いっていうのは結構いい選択肢だと思ってるんですよ。1~20時の間、相手がソフトバンクならソフトバンクの携帯で電話をかけ、それ以外ならウィルコムで電話をかけるのです。ウィルコム定額プランの場合、携帯への通話料は13.125円/30秒とまあまあな値段なんですよ。

あとは、どれだけ周りの人間をウィルコムやソフトバンクに巻き込めるかが課題ですかね。巻き込んだあげく万一輻輳が起こったら、友人からクレームがきそうですが(^_^;)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする