株式オンライントレードは3年目から利益が出る?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月13日、ライブドアが株式オンライントレードの利用実態について調査結果を発表しました。株式取引経験者の9割以上がオンライントレードを利用しており、経験年数3年前後が損益分岐点になるとのことです。以下のリンク先で調査結果を見ることができます。

「オンライン証券取引」に関する調査 (2006年版)

この調査で私が一番興味深かったのは下記のデータです。

利用経験年数別に損益状況を集計したところ、経験年数「3年未満」では「損失が出ている」人の割合が「利益が出ている」人の割合よりも多く、特に「半年以上1年未満」においては「損失が出ている」人は60.0%と経験年数別では一番損失が出ているという結果となった。しかし、「3年以上」となると逆転し、各経験年数において「利益が出ている」人の割合の方が多くなる。

投資歴半年以上1年未満の投資家の60%は損失が出ているということですが、これらの投資家はライブドアショック後に株式投資をやり始めた人達でしょう。ライブドアショックの後、新興市場が激しく下落したので含み損を抱えている投資家が多数出ているというのも納得できます。

3年以上株式投資経験のある投資家では利益が出ている人の割合が多いということです。仕事にしても投資にしても3年というのが一つの目安になるということでしょうか。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする