松井証券、独立系投信会社のための販売ネットワークの提供を企画中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年2月4日、日経新聞の電子版に下記リンク先の記事が載りました。

松井証券の松井道夫社長に対するインタビュー記事です。

また、今日は松井道夫社長が、株式情報系インターネット動画&ラジオサイトである「ストックボイス」にも出演しました。下記リンク先は、そのインタビュー動画です。

↑(11分40秒あたりから投資信託の話が始まります)

日経とストックボイスのインタビューで松井道夫社長が、独立系投信会社のための販売ネットワークの提供を企画中と述べました。

ストックボイスのインタビューで松井道夫社長は「簡単に言ってしまえば投資信託会社の直販をやると。で、我々は直販のお手伝いをする」と述べています。

また、日経電子版で松井道夫社長は下記のように述べています。以下、日経新聞電子版からの抜粋です。

松井社長 「投資信託という商品を発展させなければいけません。

 ~~中略~~

松井社長 「考えているのは直販システムの整備です。販売網を持たない独立系の投信会社のためにネットワークを提供し、松井証券は投資家から販売手数料をとらずに投信会社から一定の手数料をもらいます。

投資家への運用内容の説明は投信会社の責任でやってもらう。松井は導管になるだけです。徹底的に無色透明になる。投資家にバイアスをかけない存在になります」

松井証券「究極の値下げ」の真意(金融ニッポン)の3ページ目より抜粋

現在、松井証券は投資信託を取り扱っていません。

しかし、この松井道夫社長の企画が実現すれば、将来的には「松井証券の口座が一つあれば、さわかみ投信・ひふみ投信・セゾン投信・鎌倉投信などのファンドが購入可能」という状態になるかもしれません。

▼関連記事

松井証券の「一日信用取引」の解説

松井証券、海外先物取引の取扱銘柄を拡充

松井証券、現物株取引の手数料全額キャッシュバック キャンペーン実施

QUICKリサーチネットを無料で利用できる証券会社

松井証券、平和堂株など無期限信用取引の空売り可能銘柄を20社追加

松井証券、「株touch (Android版)」をリリース

フィデリティ証券のメリットとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする