ジョインベスト証券、2007年2月にトレーディングツール「ジョインベスト・エクスプレス」を導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョインベスト証券が2007年2月に個人投資家向け新トレーディングツール「joinvest Express ジョインベスト・エクスプレス」を導入すると発表しました。

ジョインベスト・エクスプレスの特徴は下記のようになっています。

  • 利用料無料
  • 逆指値注文が可能
  • ジョインベスト・エクスプレスはシンプレクステクノロジー 株式コード4340が開発しているSPRINT(スプリント)というトレーディングツールをジョインベスト向けにカスタマイズしたもの。
  • ちなみに松井証券のネットストックハイスピードもSPRINTをカスタマイズして作られたトレーディングツールです。よって、ジョインベストエクスプレスとネットストックハイスピードは似たような機能になることが予想されます。

    しかし、決定的に違うのは逆指値機能の有無です。ネットストックハイスピードには逆指値機能はありません。

    ▼以下、ジョインベスト証券のリリースからの抜粋です。

    待望の取引ツール ついに2007年2月登場!ご利用は完全無料 – ジョインベスト証券

    ジョインベスト証券、シンプレクスのリアルタイム・トレーディング・ツール「SPRINT」を採用

    ジョインベスト証券、
    シンプレクス・テクノロジーの最先端リアルタイム・トレーディング・ツール「SPRINT(スプリント)」をベースとした
    「ジョインベスト・エクスプレス」を2007年2月サービス開始予定

     野村ホールディングス株式会社(東証一部:8604)の100%子会社であるインターネット専業証券会社、ジョインベスト証券株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:福井 正樹 以下 ジョインベスト証券)は、金融機関の収益業務(フロント業務)に特化したシステムソリューション開発事業を展開する株式会社シンプレクス・テクノロジー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:金子 英樹 東証一部:4340 以下 シンプレクス・テクノロジー)がASPサービスとして提供する最先端リアルタイム・トレーディング・ツール「SPRINT(スプリント)(*1)」の採用を決定し、ジョインベスト証券独自の機能を追加、2007年2月「ジョインベスト・エクスプレス」としてサービスを開始する予定です(*2)。

    *1:「スプリント」は、シンプレクス・テクノロジーが証券会社など金融機関向けに提供するサービスです。「スプリント」を利用したトレーディングツールの個人投資家向けのサービスは、証券会社を通じて提供されます。
       
    シンプレクス・テクノロジーは、今後も証券会社を中心に「スプリント」の拡販を目指します。
    *2:ジョインベスト証券に口座をもつ顧客は、「ジョインベスト・エクスプレス」を無料で利用することができます。

    【 ジョインベスト・エクスプレスの特徴 】

    ■ マウス操作だけで簡単に注文の発注・訂正・取消が可能な注文画面
    ・リアルタイムに自動更新される各種情報のうち、板画面の気配を見ながらマウス操作だけで、簡単かつスピーディーに発注ができます。
    ・板画面で表示されている自分の注文を、訂正したい価格にドラッグ&ドロップするだけで注文価格の訂正ができ、ゴミ箱アイコンにドラッグ&ドロップするだけで注文を取消しできます。
    ・約定結果はリアルタイムでポップアップ表示されます。
    ・トリガー価格を設定しておくと、現在値がそれに達したときに、指定した指値注文(または成行注文)が速やかに発注できるジョインベスト証券独自の逆指値注文機能も搭載。

    ■ 自分の気になる銘柄の表示順や表示項目を自由に変更できる株価一覧
     
    株価一覧画面では、自分の気になる銘柄グループごとに保存しておくことができ、その表示順はドラッグ&ドロップで自由に変更できます。また、前日比、騰落率、出来高をはじめとする多数の項目から、必要なものだけを選んで表示でき、項目の表示順も画面上で項目名をドラッグ&ドロップするだけで変更できます。

    ■ 高機能チャートを搭載
     
    移動平均線や一目均衡表など、多数のチャートに対応。それぞれのチャートの設定も自由にカスタマイズできます。また、チャートのツールを使って、チャート上にトレンドラインなどの分析ツールやテキストを自在に書き込むこともできます。

    12月4日から松井証券が現物取引の日計り片道手数料無料を廃止した上に、今回のトレーディングツールの発表がありましたから、松井証券からジョインベスト証券に乗り変えるデイトレーダーが出てきそうです。

    ちなみに私は最近マーケットスピードが好きなので楽天証券で取引することが多いのですが、ジョインベスト証券にも興味が湧いてきました。

    ジョインベスト証券の口座は開設しているのですが、トレーディングツールがないためほとんど利用はしてきませんでした。しかし、ジョインベスト・エクスプレスの導入が決まり逆指値まで使えるようになりますから、ジョインベスト・エクスプレスのサービスが開始されたらまた試用してみようかと思います。

    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする