クロス取引とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • クロス取引 [読み:くろすとりひき] [英語名 : Cross Trade]

祐作:先輩、クロス取引ってなんですか?

兜:ふむ、株式投資におけるクロス取引とは、ある銘柄について、「同一株数で同一値段の買い注文と売り注文を同時に発注し、約定させること」だな。

祐作:それって、なんのためにやるんですか?

兜:証券会社が大口の注文を執行するため、立会時間外に行うことが多いな。あと、個人投資家の株主優待狙いとか。

祐作:株主優待狙いですか?

兜:例えば、個人投資家がA銘柄の株主優待を欲しいと思った場合、A銘柄を現物買いして、同時に同じ数だけA銘柄に信用取引空売りを入れるんだ。そうすると株価の変動に煩わされることなく株主優待が手に入る。

祐作:それはいいですね。

兜:でも、逆日歩が発生して損することもあるんだけどな。

祐作:あら、そんな弱点があるんですか。

兜:そう、だからこの技を使うなら、逆日歩が発生することのない一般信用取引(無期限信用取引)を使った方がいいよ。

祐作:他にクロス取引のメリットはありますか?

兜:個人投資家なら株式の譲渡益の節税に使えることがあるな。

例えば、20万円で買ったA銘柄を30万円で売った場合、売買利益が出ているので税金がかかる。このとき、20万円で買ったが10万円に値が下がっているB銘柄を持っていれば節税ができる。

祐作: どうするんですか?

兜:そのB銘柄をいったん売って損失を確定させた後、同じ数だけB銘柄を買い戻すんだ。これもクロス取引の一種だ。 A銘柄で10万円の利益が出たが、B銘柄で10万円の損失を確定させたので、その年は税金がかからないことになる。 そして、B銘柄の保有を続けることが可能だ。

▼関連記事

逆日歩のかからない空売りをする方法

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年1月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする