格付け機関とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格付け機関 [読み:かくづけきかん] [英語名:Rating agency]

祐作:先輩、格付け機関ってなんですか?

兜:ふむ、格付機関というと、債券の支払いなどの安全度合いを簡単な記号で表して格付けを行っている機関のことだな。「機関」といっても、国家機関でもなく国際機関でもない。立場上は、あくまでも一民間企業だ。特に高名な格付け機関としては、米系の「ムーディーズ」とS&P(スタンダード&プアーズ)がある。

祐作:格付け機関は、なんのために格付けを行っているんですか?

兜:投資家に債券の安全度を伝えるためだな。債券は、それを発行して資金を調達する企業が、元利金の支払いを約束しているけど、発行企業自体が倒産すれば、元利金の支払いが滞ってしまう。このような状況に陥ることを「債務不履行(デフォルト)」と言うんだけど、格付け機関は、債券の元利金の支払いの確かさを特定の記号で表示し、債券投資を行う投資家の投資判断に寄与することを目的に活動しているんだ。

祐作:日本にも格付け機関はありますか?

兜:日本では、日本格付投資情報センター(R&I)などが金融庁の指定格付け機関になっているよ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする