SPDR S&P500 ETF (SPY) が東証に上場 (コード:1557)【3月24日】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーが運用している「SPDR S&P500 ETF」というETFが、3月24日、東京証券取引所に新規上場します。証券コードは1557です。

「SPDR(スパイダー) S&P500 ETF」は、アメリカ市場にすでに上場しているETFで、1993年に米国で初めてのETFとして設定され、純資産総額で世界最大のETFです。今回、東証にも上場することとなりました。

「SPDR S&P500 ETF」が連動を目指す「S&P500指数」は、米国の証券取引所に上場された代表的な500銘柄から構成される指数であり、世界の機関投資家に広く利用されています。
というわけで、個人投資家が「SPDR S&P500 ETF」を買うと、アメリカの株式市場に広く分散投資することができます。

ちなみに、「S&P500指数」に連動するETFとしては、東証において、2010年10月から【証券コード:1547】上場インデックスファンド米国株式(S&P500)というETFが上場しています。

1547と今月上場する1557は同じ指数への連動を目指しているわけです。では、どこに違いがあるかというと、信託報酬が異なります。

1547は信託報酬年率0.168%です。1557は信託報酬年率0.0945%です。

1557は日本円で売買できますし、信託報酬もとても安いので、アメリカ市場の株式に分散したい個人投資家にとっては、選択肢の一つとなりそうです。

なお、今回、新規に上場する1557は、上場日の2011年3月24日に貸借銘柄に選定される予定となっています。貸借銘柄になると、信用取引空売りができるようになります。

というわけで、これからアメリカという国の景気がよくなると思う方は、1557を買えばいいですし、逆に景気が悪くなると考える方は空売りすることも可能です。

▼関連記事

インデックスとは (株式用語解説)

インデックス投資とは (株式用語解説)

ETFとは (株式用語解説)

ETFとインデックス投信の比較表

イーマクシス ~三菱UFJ投信が低コストな新インデックスファンドを立ち上げ~

eMAXIS全世界株式インデックス(除く日本)がリリース

楽天証券、「CMAMインデックスeシリーズ」の取り扱いを開始

「上場MSCI世界株」が東証に上場 【ETF】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする