逆ザヤとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆ザヤ [読み:ぎゃくざや]

祐作:先輩、逆ザヤってなんですか?

兜:ふむ、逆ザヤね。まず「さや」とは売り値と買い値の差のことだ。実際に株式を購入し、それ以上の価格で売却した場合には順ザヤ、逆にそれ以下の価格で売却した場合を逆ザヤというんだよ。

祐作:なるほど。逆ざやとは、投資対象の値が下がってマイナスとなっている状態のことですか。

兜:うん、そういうことだな。
 ちなみに利ザヤの漢字は「利鞘」で、逆ザヤの漢字は「逆鞘」と書くことが多い。当て字だけど。サヤ(鞘、差也)とは、相場における価格差の事だ。江戸時代の米相場で限月間の価格差を差也と表記したのが語源といわれている。現在はサヤまたは鞘と表記される事が多いが、鞘は当て字なんだ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする