ナスダック100指数連動ETF、8月16日に上場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野村アセットマネジメントが米国の代表的な株価指数である「ナスダック100指数」および「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価」を連動対象とする2本のETFを新たに設定します。

新しいETF2本のファンド名は下記のようになっています。大阪証券取引所に8月16日に上場予定です。

  1. 「NEXT FUNDS NASDAQ─100連動型上場投信(愛称:NASDAQ─100ETF)」(銘柄コード:1545)
  2. 「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(愛称:NYダウ30種ETF)」(銘柄コード:1546)

上場当初の最低投資金額は「NASDAQ─100ETF」が1万6000円程度(10口単位)、「NYダウ30種ETF」は1万円程度(1口単位)となる見込みです。

米国のアップルやマイクロソフト、インテル、グーグルなどに分散投資したい人にとっては、NASDAQ─100ETFは便利でしょう。

なお、今回の上場するETF2銘柄の概要については、楽天証券の記事がよくまとまっているので、紹介しておきます↓

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月16(月)日本初上場! NASDAQ市場(アップル、マイクロソフト、グーグル等)を対象とした国内ETF! 「NASDAQ投信(1545)」、「NYダウ30投信(1546)」

楽天証券では、下記ETF2銘柄について、上場日の前営業日20時頃より、すべてのチャネルで注文を承ります。なお、手数料は国内株式手数料を適用いたします。

商品概要

上場
予定日
銘柄
コード
銘柄名 略称 売買単位
(口)
対象指標 概要
8月16日 1545 NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信 NASDAQ投信 10口 NASDAQ-100指数 PDF
1546 NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信 NYダウ30投信 1口 ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価 PDF

取引方法

取引方法 国内株式と同様にお取引いただけます。指値、成行注文の指定も承ります。
手数料 国内株式手数料と同じです。
注文受付予定日時 国内株式と同じです。
取引チャネル web、MS、iSPEED、iモード、YAHOO!ケータイ、EZ web、PDA、電話、CS
受渡日 国内株式と同じです。
決算日 毎年8月10日
運用会社 野村アセットマネジメント株式会社
ご注意事項


売買代金の受渡や配当金のお支払いはすべて円貨でおこなわれます。


特定口座(日本株)の対象となります。


信用取引でもお取引いただけます。また代用の評価対象となります。


外国証券取引口座の開設は必要ございません。


信用取引にて権利確定日を越えて買建をしている場合、信用建玉毎に1売買単位あたり52.5円の名義書換料(権利処理手数料)がかかります。

連動対象指標について

■NASDAQ-100指数

ナスダックに上場する時価総額上位100銘柄(金融銘柄を除く)の時価総額加重平均によって算出される指数で、マイクロソフトやインテル、アップルやグーグルなど、アメリカを代表するIT企業が数多く含まれており、ナスダック総合指数と並んでアメリカの新興市場を代表する株価指数です。

■ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価

ダウ・ジョーンズ工業株30種平均は、米国の株式市場を左右する業界における有力企業30銘柄で構成された代表的な株価指数で、米国市場全体を計る基準として使われ、金融界、技術産業、小売業、娯楽産業、消費財市場と様々な業種からなります。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

ETFとは (株式用語解説)

インデックスファンドとは (株式用語解説)

インデックス投資とは (株式用語解説)

ETFとインデックス投信の比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする