監理ポストとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監理ポスト [読み:かんりぽすと]

祐作:先輩、監理ポストってなんですか?

兜:ふむ、監理ポストとは、証券取引所において、上場廃止の可能性がある銘柄を暫定的に売買するポストのことだな。

祐作:どんな株式の銘柄が監理ポストで売買されるんでしょうか?

兜:経営不振などのニュースが伝えられたにもかかわらず会社の説明が不十分な時や、浮動株の不足など上場基準に抵触した際、その株は「監理ポスト」に移行して売買が行われるよ。売買の方法はほかの一般銘柄と同様だ。上場廃止の必要がないと判断されれば、その時点で元のポストに戻される。ただし、上場廃止が決まった場合は、上場廃止銘柄の売買を行う「整理ポスト」に移されるぞ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする