カントリーファンドとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カントリーファンド [読み:かんとりーふぁんど]

祐作:先輩、カントリーファンドってなんですか?

兜:ふむ、カントリーファンドとは、特定の国や地域に投資するクローズドエンド型の会社型投資信託のことだな。基本的には、対象国の代表的な銘柄に投資して運用されているので、その国そのものに投資する効果が得られるぞ。

祐作:クローズドエンド型の会社型投資信託とはなんでしょうか?

兜:クローズエンド型の会社型投信というのは、会社形態にして資金を集めて運用し、運用主体には基本的に換金請求できない投信だ。換金する場合には、基本的には市場で売却することになる。したがって、純資産と市場価格が大きく食い違う状況もありうるな。
 クローズエンド型の会社型投信の価格は、一般事業会社の場合と同様、投資者の投資判断に基づく市場での需給関係によって変動する。この点が、純資産額(基準価額)で換金される日本の投資信託(契約型)と大きく異なるところだよ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする