幹事証券会社とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幹事証券会社 [読み:かんじしょうけんがいしゃ]

祐作:先輩、幹事証券会社ってなんですか?

兜:ふむ、幹事証券会社とは、株式の新規公開時(IPO)などの公募・売り出しに際して、発行する企業と証券会社との間で元引き受け契約をする内容を確定させる協議を行う証券会社のことだな。

祐作:なるほど。

兜:また、一般的に「幹事証券会社」は株式公開時や公開後の資金調達時において、公開等に関する全般的な指導や取引所など関係機関との折衝・調整等を行う。幹事会社になるためには資本金が30億円以上必要だ。幹事会社の中で、幹事団を代表し主導的な役割を果たす者を主幹事会社というから覚えておくといいさ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする