松下電器買い、ソニー売りのロングショート戦略をしていたら?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月19日、ソニーが2007年3月期通期の連結業績予測を下方修正すると発表しました。

 ・参考リンク ソニーが下方修正 電池回収とPS3値下げで・・・ITmedia

8月15日に「Dell、410万台のノートPC用バッテリーをリコール バッテリーの製造元はソニー」というニュースが流れてから、ソニーの業績に不安が出ていたわけですが、本日、業績の悪化がはっきりとしました。

下方修正のニュースを見て、ふと思いました。「8月半ばからソニーの空売りをしていれば利幅がとれたのでないか」と。しかし、ソニーの三ケ月チャートを見ましたが、下落幅は大したことがありません。日経平均株価が上昇し、ソニーの不調さを補っているからです。

どうやら正解は、「ロングショート戦略」だったようです。8月半ばに、電機メーカーの勝ち組み松下電器産業を買い、同時にソニーを空売りしておけば大きく利益が取れていました。以下、松下電器とソニーの株価の推移を比較したチャートです。

sony-matsushita.jpg

水色の線が松下電器の株価の動きを表し、緑色の線がソニーの株価を表しています。

こういった例は、他にもあります。次ぎは松下電器と日立製作所のチャートを見てみましょう↓

hitachi-matsushita.jpg

日立製作所は原発タービン事故を起こし、中部電力から巨額賠償請求を受けるリスクがあるため、日経平均株価の好調さに反して株価が軟調です。

 ・関連リンク 日立、今期の業績予想を550億円の赤字に下方修正/原発事故やHDD不振で

ソニーや日立の例のように上場企業に不祥事が起きた場合、「不祥事銘柄を売り、同一業界の優良銘柄を買う」というロング・ショート戦略は一つの手かもしれません。

ただ、ショート(空売り)を行うと貸株料逆日歩を気にないといけないのが面倒なところですね。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする