証券税制とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

証券税制 [読み:しょうけんぜいせい]

祐作:先輩、証券税制ってどんなもんですか?

兜:ふむ、証券税制とは株取引に関する税制(税金)のことだな。証券税制には、株で儲かった売却益にかかる「キャピタルゲイン課税」と、配当金にかかる「配当課税」があるな。

祐作:キャピタルゲイン課税とはどんなものでしょう?

兜:株で儲けた利益にかかる税金のことだな。キャピタルゲイン課税は、原則として売却益の20%(所得税15%+住民税5%)。ただし、2008年12月まで、特例として10%(所得税7%+住民税3%)となる優遇措置がとられている。

祐作:キャピタルゲイン課税による税金はどうやって納めるんですか?

兜:一般口座と特定口座によって納め方が違うんだ。以下の3パターンがある。

▼一般口座の場合

  • 自分で明細書(何をいついくらで買って、いついくらで売って、手数料がいくらかかってなど)を作成し、確定申告をする。
  • 扶養家族の人は、あまり儲けすぎると、扶養家族の控除からはずれる。
  • 年間の利益が20万円以下なら確定申告が不要(ただし、サラリーマンで給与所得が2000万円以上の人は利益が20万以下かどうかに関わらず確定申告が必要)
  • ▼特定口座(源泉徴収なし)

  • 証券会社が、年間の損益を計算して「年間取引報告書」を送ってくれる。それをもとに確定申告をする。一般口座の場合より労力は減る。
  • 扶養家族の人は、あまり儲けすぎると、扶養家族の控除からはずれる。
  • 年間の利益が20万円以下なら確定申告が不要(ただし、サラリーマンで給与所得が2000万円以上の人は利益が20万以下かどうかに関わらず確定申告が必要)
  • ▼特定口座(源泉徴収あり)

  • 売却益が出るつど、源泉徴収(利益が出た場合、勝手に10%ひかれる)される。
  • 源泉徴収があるので確定申告をしなくてもよい。だから楽ちん。
  • 利益が出た時だけ税金がとられるので税金を多く払ってしまうことがあるが、もし損失がでると、払いすぎた分の税金が返ってくる。
  • 複数の証券会社に口座を持っていると、税金の払いすぎになる場合がある。この場合は確定申告をすると、払いすぎた分は戻ってくる。
  • 扶養家族の人は、配偶者控除などの適用からはずれない。すなわち扶養家族のままでいられる。
  • 「譲渡損失の3年間の繰越」は確定申告をすれば可能。
  • 20万円以下の利益でも税金はとられる。
  • 祐作:一般口座も特定口座も一長一短ですね。

    兜:そうだな。だから、自分の株取引に適した口座を選ぶことが重要だ。ちなみに、サラリーマンで会社に株で儲けてることがばれないようにしたい人は、特定口座(源泉徴収あり)ありにした方がいい。

    祐作:わかりました。それでは、配当課税の方はどうでしょうか?

    兜:配当課税は10%が源泉徴収される。確定申告をすることによって税金の控除や還付が受けられる場合もあるぞ。収入が少ない場合は確定申告した方が得するケースがあるってことだな。

    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする