買い建玉とは (株式用語解説 信用取引用語)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買い建玉 [読み:かいたてぎょく]

祐作:先輩、買建玉とはなんですか?

兜:ふむ、買建玉とは、信用取引を使って買った株のことだな。信用取引では株式のことを「玉(ぎょく)」といい、信用買いした玉を買建玉(かいたてぎょく)、空売りした玉を売建玉(うりたてぎょく)というんだよ。

祐作:ちょっと難しいですね。

兜:玉は英語でポジションというんだけど、そっちの方がしっくりくるかもしれない。信用買いしたら「買いポジション」を持っている状況で、空売りをしたら「売りポジション」を持っている状況だ。玉っていうのは、相場に対していまの自分のポジション(立場)を表すわけだな。

祐作:なるほど、買い建て玉を持っていれば株価の上昇を願っている立場だし、売り建て玉を持っていれば株価の下落を願う立場ということですね。

兜:そういうことだな。ちなみに、買い建て玉を持っている人を「買い方」、売り建て玉を持っている人を「売り方」と呼ぶから覚えておくといいさ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする