現物株とは (現物とは) 【株式用語解説 信用取引用語】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現物株 [読み:げんぶつかぶ]

祐作:先輩、現物株とはなんですか?

兜:ふむ、現物株(現物)とは、受渡しすることができる株式のことだな。有価証券そのものだ。信用取引での株の売買に対して、通常取引の株を「現物株」として区別しているんだ。

祐作:信用取引の場合、どう呼ぶんですか?

兜:株を信用取引で買った場合は「買建玉」と呼び、信用取引で空売りをした場合は「売建玉」と呼ぶよ。 ちなみに、建玉とは信用取引や日経225先物取引において、未決済になっている契約総数のことだ

▼関連記事

建玉とは (株式用語解説 信用取引用語)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする