カブドットコム証券、三菱UFJ証券とIPOの提携範囲を拡大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月26日、カブドットコム証券が三菱UFJ証券と引受業務(IPO・PO)の提携範囲を拡大すると発表しました。平たく言うと、三菱UFJ証券からカブドットコム証券に流れてくるIPOの数が増えるということです。以下、カブコムのウェブサイトからの抜粋です。

2006年9月26日



三菱UFJ証券株式会社

(コード番号:8615 東証1部)

カブドットコム証券株式会社

代表執行役社長 齋藤 正勝

(コード番号:8703 東証1部)



三菱UFJ証券株式会社およびカブドットコム証券株式会社の

業務提携範囲の拡大について






三菱UFJ証券株式会社およびカブドットコム証券株式会社は、従来、株式等の引受業務について業務委託契約を結んでいましたが、当該業務の提携範囲の拡大について以下の通り合意いたしました。






■業務提携内容の主な変更点












三菱UFJ証券がカブドットコム証券に販売委託する株式等の引受業務の対象を、「三菱UFJ証券が主幹事を務める引受株式等に限定」から、「原則、三菱UFJ証券が引き受ける全ての引受株式等」に拡大する。
カブドットコム証券は株式等の引受業務を原則休止する。



これにより、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下MUFGグループ)内における株式等の引受機能を三菱UFJ証券に集約することになり、プライマリー業務における両社の役割を明確化し、MUFGグループ内のリソースを効率的に配分することが可能となります。



■業務提携拡大による効果












三菱UFJ証券にとっては、総合証券としてのきめ細かい対面コンサルティングに加え、オンラインの利便性を兼ね備えることにより、厚みを増している個人投資家層に対する強力な販売ネットワークを構築でき、ネット専業証券をグループ内に持つ強みを活かすことができます。また、カブドットコム証券のリレーションから持ち込まれる引受案件の獲得も期待できます。
カブドットコム証券にとっては、総合証券である三菱UFJ証券が引き受ける幅広い案件の販売業務を行うことにより、株式等のプライマリー案件数の飛躍的な増加が見込まれ、幅広い商品提供が可能になります。これによりお客さまの利便性が更に向上するだけでなく、ネット証券トップクラスの案件数となることが見込まれ、新規公開株式等の提供においても競争力の強化が期待できます。



今後も、三菱UFJ証券とカブドットコム証券は、MUFGグループのお客さまのニーズにより一層お応え出来るようシナジーを発揮していきます。










[ご参考] 平成18年1月から8月までの引受実績件数(払込日ベース)











































発行形態 三菱UFJ証券 カブドットコム証券
引受件数 うち主幹事 引受件数 うち主幹事
新規公開株式 76 11 5
公募・売出し 73 7
REIT 10 1
合計 159 19 5

今回の発表は、カブドットコム証券を利用しているIPO投資家には朗報ですね。

今回の発表で重要な部分を下に抜粋しておきますので、IPO投資家の方は目を通しておくことをおすすめします。

カブドットコム証券にとっては、総合証券である三菱UFJ証券が引き受ける幅広い案件の販売業務を行うことにより、株式等のプライマリー案件数の飛躍的な増加が見込まれ、幅広い商品提供が可能になります。これによりお客さまの利便性が更に向上するだけでなく、ネット証券トップクラスの案件数となることが見込まれ、新規公開株式等の提供においても競争力の強化が期待できます。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする