楽天証券のメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







▼楽天証券のメリットは「逆指値」、「マーケットスピード」

楽天証券は逆指値が使える証券会社の中では手数料が安めの証券会社です。逆指値はとても便利な機能なので、逆指値が使える証券会社の口座を一つは作っておきたいものです。

また、楽天証券では3カ月に1回のペースで株取引を行っていれば、トレーディングツールのマーケットスピードを無料で使用することができます。








▼取引金額別売買手数料一覧表(税込み)


(いちにち定額コース)
少額での取引なら「ミニ定額」がおトク
















取引回数に関係なく、1日の約定代金の合計で手数料が決まります。
市場種別(東証、大証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス、名証、セントレックス)、取引種別(現物、信用)の区別はありません。
条件に応じて手数料が無料になるサービスがあります。

(税込)



































1日の約定代金合計 手数料
ミニ定額 20万円まで
450円/1日
50万円まで 450円/1日
100万円まで 900円/1日
200万円まで 2,100円/1日
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,050円追加。
3,150円/1日

(ワンショットコース)

1回の取引金額が大きい方、信用取引を中心に取引する方におトクな手数料体系です。

1回の約定ごとに手数料がかかります。成行・指値注文の区別はありません。

(税込)

































約定代金 現物取引
30万円まで 472円/1回
50万円まで
100万円まで 840円/1回
150万円まで 1,050円/1回
150万円超 1,575円/1回

(2つの手数料体系)
現在、楽天証券は、『いちにち定額コース』と『ワンショットコース』の2つの手数料体系があります。

なお、いちにち定額コースでは、同一の日に同一の銘柄を売り買い両方の取引した場合、片方の取引の手数料が無料になります。

(楽天証券ポイント)
日本株式・信用取引は、税抜き分手数料の1%を「楽天証券ポイント」で還元するサービスがあります。
「楽天証券ポイント」は、楽天市場でお買い物などに使用できる「楽天スーパーポイント」やJALマイレージ「JMBマイル」に交換できるポイントプログラムです。








▼取引金額別信用取引手数料一覧表(税込み)


(いちにち定額コース)
上の現物取引と同じ。

(ひとつき割引コース)

(税込)























約定代金 信用取引
30万円まで 262円/1回
30万円超 472円/1回

信用取引の場合は、上の現物取引と比べて、ひとつき割引コースがさらにおトクになっています。
20万円までの取引及びデイトレーダーの方はいちにち定額コースを、それ以外の方はひとつき割引コースを選択されるのが、楽天証券を上手に利用するコツでしょう。








▼トレーディングツール マーケットスピード

マーケットスピード・・・楽天証券の口座を持つユーザーが使える個人投資家向けオンライントレーディングソフトです。デイトレーダーから絶大な支持を集める情報ツールの大御所です。

完全リアルタイムの株価自動更新機能を備えているので、刻々と変動する株価や気配値をいち早く入手できます。専用ソフトならではの優れた操作性、多彩な機能を備えています。

またニュースの情報量が充実しています。下記の情報を無料で見ることができます。

 ・ロイター・ニュース
 ・株式新聞速報ニュース
 ・日経テレコン21
 ・フィスコ市況
 ・ラジオNIKKEI
 ・会社四季報
 ・会社四季報速報

あと、「新高値一覧」や「全市場の株価上昇ランキング」が見れるのもいいですね。

なお、楽天証券の口座開設費・口座維持費は無料です。

マーケットスピードは新規に口座を開設後3ケ月間お試し(無料)で使えます。また3ケ月に1回約定すればマーケットスピードは無料で継続できます。つまり、3ケ月に1回以上のペースで取引をしていれば、上記の情報を無料で見ることができるわけです。








▼取扱商品









































































株式市場 東証1部2部 大証1部2部 マザーズ ヘラクレス
ジャスダック 札幌 名古屋 福岡
取扱商品 ミニ株 プチ株
S株
投資信託 IPO(新規公開株)
FX 米国株 中国株 その他市場
無期限
信用取引
夜間取引 立会い分売 先物・オプション








▼対応携帯電話

楽天証券は、i-mode、EZweb、ソフトバンクモバイルに対応しています。








▼提携銀行(即時入金サービス等)及び振込手数料































銀行名 みずほ イーバンク ジャパンネット
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 郵貯ぱるる 三菱東京
UFJ
三井住友
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料)

楽天証券←口座開設資料請求ページ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年7月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする