BPSとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BPS [読み:びーぴーえす] [英語名:Book-value Per Share]

祐作:先輩、BPSとはなんですか?

兜:ふむ、BPSとは企業分析で用いられる指標の一種でBook-value Per Shareの略称だな。一株当たり純資産とも言うぞ。

祐作:どんな指標なんでしょうか?

兜:企業の安定性を見る指標なんだ。「純資産」を「発行済み株式数」で割って求める。計算式は、下記のようになる。

BPS= 純資産 ÷ 発行済み株式数

例えば、純資産が100億円で、発行済み株式数が1億株だったとすると、BPSは、100÷1=100だから、100円ということになる。

祐作:BPSの数値を見るとなにがわかりますか?

兜:BPSが表すのは企業の資産力だな。基本的に数値が高ければ高いほど企業の純資産は大きいと言えるぞ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする