エヴァンゲリオン関連銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年の9月1日に『新世紀エヴァンゲリオン』の新作劇場版が公開されることが判りましたので、エヴァンゲリオン関連銘柄をピックアップしてみました。

▼エヴァンゲリオン関連株

  • 角川グループホールディングス・・・子会社の角川書店が発行する「月刊少年エース」で貞本義行氏がマンガ版『新世紀エヴァンゲリオン』を連載中
  • バンダイナムコホールディングス・・・バンダイでエヴァンゲリオンのフィギュアやプラモデルを製造。テレビゲーム製作も。
  • セガサミーホールディングス・・・セガで過去にエバンゲリオンのゲーム製作をした実績がある。
  • フィールズ・・・遊技機(パチンコ、パチスロ台)販売大手。株式会社ビスティ製作の「CR新世紀エヴァンゲリオン(パチンコ)」と「新世紀エヴァンゲリオン(パチスロ)」の販売元。
  • SANKYO・・・パチンコ製造大手。ビスティはSANKYOのグループ企業。
  • ブロッコリー・・・カードゲーム主力、秋葉原中心に直営店も、ガンホー中心としたソフトバンクグループの傘下にある企業。エヴァンゲリオンを題材にしたPS2(プレイステーション2)用のゲームソフトを製作。
  • ガンホーオンラインエンターテイメント・・・オンラインゲームの企画・開発・運営大手。会長の孫泰蔵氏はソフトバンク孫正義社長の実弟。ガンホー、ヘッドロック、プロッコリーの3社が共同で展開するMMORPGで「エミル・クロニクル・オンライン エヴァンゲリオンコラボレーションパッケージ」を販売。
  • ▼以下は、エヴァンゲリオン関連株になるかもしれない銘柄です。(未確定)

  • 東映・・・1997年に上映された新世紀エヴァンゲリオン劇場版の配給元。2007年度版も配給するかも。
  • CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)・・・ビデオレンタル、書籍、CD販売等のTSUTAYAをFCで全国展開。再びエヴァブームが起きればレンタル事業の業績が伸びるかもしれない。
  • あと、今週、萌え関連銘柄 (萌え株)の株価をチェックしていこうかと思います。

    今回の記事では、新世紀エヴァンゲリオンを、機動戦士ガンダムと同じく一つの産業として捉えてみました。記事の作成に当たってウィキペディアの新世紀エヴァンゲリオンの項目は非常に参考になりました。先人の知識に感謝です。

    2007年2月12日追記:第1作は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のタイトルで9月1日に公開されることが決まったとのことです(2月12日のスポーツニッポンの記事より)。

    ▼参考 以下、ガイナックスのウェブサイトからの抜粋です。

    ■2006.9.9
    ■エヴァンゲリオン<新劇場版>REBUILD OF EVANGELION(仮題)全4部作、製作発表!

    1995年の放送開始から11年の歳月を経て、ついに『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版が製作されることが決定致しました。

    『エヴァンゲリオン 新劇場版 REBUILD OF EVANGELION(仮題)』の名の下に製作される今回の新劇場版は、前回のテレビシリーズ及び、劇場版を「旧世紀版」と呼称したいという庵野秀明監督の意向により製作されるもので、前作では明かされる事がなかった新たな真実が描かれることになります。

    作品構成は全4部作となり、2007年初夏から2008年初夏にかけて3本の劇場用新作映画として公開される予定です。

    公開スケジュール(予定)
    ○『エヴァンゲリオン 新劇場版 前編 REBUILD OF EVANGELION:01』(仮題)
     
    2007年初夏ロードショー、
    ○『エヴァンゲリオン 新劇場版 中編 REBUILD OF EVANGELION:02』(仮題)
     
    2008年陽春ロードショー
    ○『エヴァンゲリオン 新劇場版 後編+完結編 REBUILD OF EVANGELION:03、04』(仮題)
     
    2008年初夏ロードショー

    他にもエヴァストア最新情報に携帯サイト情報、エヴァとトップの劇場版記念でプレゼントを大盤振る舞い!と盛りだくさんです。
    くわしくは、本日発売の「月刊ニュータイプ」10月号誌上で確かめてください。

    さらに今号では、合体劇場版公開を10月に控えた「トップをねらえ2!」特集・期待の最新作「天元突破グレンラガン」続報が掲載!どちらも描きおろしのイラストを掲載!さらにトップ2の記事ではこの夏のイベントレポートや脚本・榎戸洋司さんのインタビューが、グレンラガンでは脚本・シリーズ構成の中島かずきさんのインタビューなど巻頭特集に負けないボリュームでお送りします!

    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする