メディアクリエイトの株価が34.19%の上昇でストップ高 株式新聞ニュースの影響か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月7日、メディアクリエイトの株価が前日比+80円(+34.19%)の終値314円と急騰しました。ストップ高です。

本日のAM9:22に株式新聞社が下記のニュースを配信した影響でストップ高となりました。

メディアクリエイト (2451)

先読み作戦指令室=メディクリ――上場以来冴えなかった動きに変化、株主優遇も 09/07 09:22

~前略~

 メディアクリエイト<2451.T>も上場以来、全く冴えない動きを続けて来た。新規上場日は昨年8月5日、公開価格は680円、初値は1122円、年初来高値は1月5日800円。上場以来、一貫した下げトレンドとなっていたが、7月28日に196円安値を付けてようやく底入れ反転、日足は緩やかな上昇トレンドに入った。ただ、まだ底値ゾーンだけに売り物が少ないので、うまく引き付けたい。

  マルチメディアネットカフェ「ゆう遊空間」、カラオケ店「メガトン」「ワオキューブ」、TSUTAYA店(ビデオレンタル)で展開、新規出店、既存店の増床、さらにネット、ダーツ、ビリヤードなどのサービス強化から07年5月期は2割強の経常増益の見通しとなっている。今後も大型出店を続ける計画と業容拡大路線に変化はない。06年5月期は増配、さらに新たに店舗割引券か特産品(静岡茶)の株主優待も開始、株主に顔を向けた経営戦略を推進して来たことも材料視できよう。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:(株)株式新聞社 (2006-09-07 09:22)

下のチャートは、今日のメディアクリエイトの一日チャートですが、株式新聞ニュースが流れてから株価が急激に上昇しているのが見てとれます。
2451.t.gif

株式新聞社が配信しているニュースですが、通常は有料情報で、例えば「Yahoo!ファイナンスVIP倶楽部」に加入すると月額2,079円で読むことができます。

しかし、下記のリンク先で、紹介している証券会社の口座を開設すれば無料で、株式新聞ニュースを読むことが可能です。

  • 株式新聞速報ニュースを無料で読むことが出来る証券会社
  • 今日のメディアクリエイトの事例のように、株式新聞ニュースが株価を動かすこともあるので、ニュースを見れるように日頃から準備はしておきたいものですね。

    ・株式新聞ニュース(株式新聞速報)とは?

    「株式新聞速報」は個人投資家の皆様に役立つ投資情報を、素早く、分かり易い形でお届けする日本語のリアルタイムニュースです。「株式投資」に重点を置いた独自コンテンツの豊富さには定評があり、材料や株価の値動きに止まらず、さまざまな角度から分析を加えた、投資判断に役立つ「実践的な情報」として人気を集めています。

    専門記者の徹底取材による材料分析や株価の反応を中心とした個別銘柄情報のほか

    1. 有力調査機関・アナリストの投資判断・目標株価を紹介(レーティング情報)
    2. リアル配信ならではの独自の注目銘柄情報(10時の注目株)(2時の注目株)
    3. ユニークな視点で相場の一歩先を読んだ有望銘柄を紹介(先取り作戦司令室)
    4. テクニカル分析から判断した買い銘柄・売り銘柄の解説(チャートが教える銘柄作戦)
    5. 外国人投資家の動向などをいち早く伝える(マーケット早耳情報)
    6. 企業の研究開発の結晶である特許情報を紹介(特許フォーカス)

    など、ほかの媒体にはないユニークなコンテンツを豊富に取りそろえております。このほかにも、個人投資家の皆様の関心が高いIPO(新規上場)銘柄情報をはじめ新興市場関連の情報も充実しています。新メニュー満載でさらにパワーアップした「株式新聞速報」をどうぞご活用ください。

    以上、Yahoo!ファイナンスVIP倶楽部より抜粋

    以下、カブドットコム証券のウェブサイトより抜粋。

    ◆株式新聞速報ニュース・・・最新ニュースをタイムリーに配信




    「株式新聞速報ニュース」(株式新聞社提供)を配信するニュースサービス。

    ニュース記事を入手後、都度配信。 ホットなニュースをタイムリーにご覧いただくことが可能です。

    表示されたニュース記事からは、その銘柄の注文画面や情報画面へのリンクを準備。素早く次のアクションが可能です。

    個別銘柄に関連するニュースを中心に毎日約100本を配信。 過去1ヶ月間、約2,000本のニュースをデータベースとして保持し、カレンダーからの閲覧やキーワード検索も可能です。

    「株式新聞速報ニュース」は携帯Web(iモード等)にも対応。
































    利用料 無料
    ジャンル 個別銘柄情報

    注目株関連情報

    テクニカル関連情報

    マーケット関連情報

    新興市場・IPO関連情報

    特許関連情報
    配信数 約100本/日
    記事保有期間 1ヶ月(約2,000本)
    チャネル インターネット、iモード、Lモード、 Vodafone live!、EZweb

    AIR-EDGE PHONE、モバイル
    配信タイミング ニュース記事入手後、都度配信(20分遅れ)

    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする