乖離(カイ離)とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乖離 [読み:かいり]

祐作:先輩、乖離(カイリ)とはなんですか?

兜:ふむ、乖離とは一般的には何かと何かが離れた状態のことだな。「理想と現実の乖離」って言葉があるだろ。理想と現実には隔たりがあるって意味だよな。
ただ、株式投資の世界では、乖離は株価と移動平均線が離れた状態を指すことが多いな。

祐作:株価と移動平均線?

兜:本来、株価と移動平均線との距離は接近したり遠のいたりしながら推移するけど、時折、極端にかけ離れた動きを見せることがある。これを乖離と呼んでいるんだ。

祐作:なんで、「株価と移動平均線が離れた状態=乖離」に注目するんですか?

兜:株価を動かすはっきりした材料がないにもかかわらず、株価が移動平均線から大きく乖離した場合、株価が急ピッチで移動平均線に再接近することがあるんだ。したがって、乖離の幅や状況によって売買のタイミングを計ることができるってわけさ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする