楽天証券のiSPEED for Androidを使ってみての感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が7月2日に、スマートフォン用OS「Android」に対応したトレーディング・ツール『iSPEED for Android Ver1.0』をリリースしました。

『iSPEED for Android Ver1.0』は国内株式の取引に対応しています。現物株取引信用取引も両方対応しています。

今のところ、日経225先物やFXの取引には対応していません。

『iSPEED for Android Ver1.0』は、ロイター速報ニュースや各種チャートを閲覧できます。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

待望の注文機能をAndroidにも新搭載! 『iSPEED for Android Ver1.0』いよいよリリース

ispeedforAndroid201106241.jpg

楽天証券は、2011年7月上旬を目処に、Google社のスマートフォン用OS「Android」に対応したトレーディング・ツール『iSPEED for Android Ver1.0』をリリースいたします。

『iSPEED for Android Ver1.0』は、リアルタイム株価の配信や国内株式の注文機能といったトレーディングの基本機能に加え、Androidの特徴の一つである「音声検索」にも対応したアンドロイドアプリです。

今回のリリースにより、スマートフォンの中核を担う『iPhone』『iPad』『Android』のそれぞれのOSに対応することになります。順次対応機種を拡大し、8月末までに約40機種に対応予定です。

昨今、携帯電話に対するスマートフォンのシェアの拡大を背景に、弊社では市況情報の確認などにスマートフォンを利用なさるお客様が増加してまいりました。また、スマートフォン専用アプリのダウンロード数も8万件を突破するなど、スマートフォンを使った取引に対するニーズが高まっております(2011年6月時点)。

楽天証券では、今後もモバイルトレーディングツールの機能強化を通じたさらなる進化により、ビジネスパーソンを中心とした投資家の利便性の拡充を狙い、さらなる投資家層の拡大を図ってまいります。

サービスリリース

2011年7月上旬(予定)

対応環境

OS2.1以降のスマートフォン端末に順次対応予定

主な機能

1・国内株式(現物取引・信用取引)をアプリ上から注文可能に

本アプリから、現物取引や信用取引の注文が直接行えるため、各銘柄の詳細画面からも直接注文ができるなど、投資情報と注文の連携がスムーズになります。また通常注文だけでなく、逆指値注文や逆指値付通常注文にも対応しています。

弊社に口座をお持ちの方(ログイン時) 弊社に口座をお持ちの方(ログイン時)
注文機能

国内株式
現物取引(買い・売り・注文訂正・取消)
信用取引(新規・返済・注文訂正・取消)

注文種類
通常注文・逆指値注文・逆指値付通常注文

※アプリから注文画面へダイレクト連携に対応。

2・保有資産のリアルタイム表示
弊社PC用トレーディング・ツール『マーケットスピード』に搭載している『総合サマリー』や『保有銘柄一覧』などの機能を本アプリにも搭載いたしました。保有銘柄の時価総額や信用取引の維持率など、お客様の資産管理に必要な数値がリアルタイムでご覧になれます。

3・充実した投資情報の提供
「マーケット」画面で表示される株価指数や為替情報(楽天FX)および個別銘柄のローソク足や出来高チャートをリアルタイムで表示(ログイン時。5分足、日足、週足、月足に対応)。1日あたり1,000本を超えるニュース配信など、充実した投資情報を提供いたします。

(1)マーケット画面

弊社に口座をお持ちの方(ログイン時) 弊社に口座をお持ちでない方
株価指数
(10種類)
日経225、TOPIX、JASDAQ、日経JASDAQ平均、日経225先物(期近)、 NYダウ30種、NASDAQ指数、ハンセン指数、H株指数、レッドチップ
更新タイミング リアルタイム 更新タイミング
為替指数
(10通貨13種類)
米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、
南アフリカランド/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、ユーロ/米ドル、
英ポンド/米ドル、香港ドル/円、シンガポールドル/円、豪ドル/米ドル
(上記の為替指数のBidとAskをそれぞれ表示)
更新タイミング リアルタイム(『楽天FX』で利用しているレートを表示)
ニュース
(6種類)
ロイター速報ニュースを完全網羅。1,000本/日以上のニュース配信
提供するニュース:
国内株式、為替/金利、アジア市況、米国市況、欧州市況、債券
表示内容 タイトルおよび本文(一部を除く) タイトルのみ
ランキング
(19種類)

株価値上がり率、株価値下がり率、株価値上がり幅、株価値下がり幅、出来高、売買代金、売買代金急増、高PER、低PER、高PBR、低PBR、配当利回り、信用高倍率、信用低倍率、信用買残増、信用買残減、信用売残増、信用売残減、出来高乖離率

※順位は最大30位まで(マザーズは一部最大10位まで)、順位の更新は1分毎

(2)銘柄情報画面

弊社に口座をお持ちの方(ログイン時) 弊社に口座をお持ちでない方
取扱商品 国内株式
東証(1部・2部・マザーズ)、大証(1部・2部、ジャスダック)
株価等の表示 リアルタイム ディレイ(15分~20分)
株価の更新頻度 なし、5秒、10秒、15秒、30秒、60秒から選択
※「なし」を選択した場合、シェイクで手動更新が可能。

提供する情報 弊社に口座をお持ちの方(ログイン時) 弊社に口座をお持ちでない方
【銘柄サマリ】
在値、4本値(始値・高値・安値・終値)出来高、売買代金、時価総額、チャート(5分足、日足、週足、月足の中から選択)
更新頻度
リアルタイム ディレイ(15分~20分)
【ニュース】
別銘柄のニュースを表示
表示内容
タイトルおよび本文(一部を除く) タイトルのみ
【板】
下8本表示

4・表示銘柄の音声検索
個別銘柄を検索する場合、音声での検索が可能です。銘柄名や銘柄コードのほか、ブランド名やキーワードでも検索ができます。

5・ショートカット機能
検索頻度の多い画面をショートカット登録することで、Android端末の画面上に直接ショートカットアイコンを設置することが可能です。

画面イメージ

ispeedforAndroid201106242.jpg

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

『iSPEED for Android Ver1.0』など、Android向けトレーディングツールを実際に使用しての感想

私は下記の三つのAndroidアプリを、イーモバイルの「HTC Aria S31HT」というAndroid携帯にインストールして使ったことがあります。

  1. マネックス証券マネックストレーダー スマートフォン Android版
  2. 楽天証券iSPEED for Android Ver1.0
  3. SBI証券SBI株取引 for Android

私の主観では、一番出来がいいのはマネックス証券、次が楽天証券。最後がSBI証券です。

まず、「SBI株取引」と「iSPEED for Android Ver1.0」は株価更新がリアルタイムでないのが残念です。最短で5秒ごとの自動更新となっています。

「マネックストレーダー スマートフォン」 は、株価がリアルタイムの自動更新です。

操作性は「SBI株取引」より、「iSPEED」や「マネックストレーダー スマートフォン」の方がいいと感じました。

なので、今のところAndroid携帯用のトレードツールとしての完成度は、操作性がよく株価がリアルタイム更新な「マネックストレーダー スマートフォン」が一番だと思います。

ただ、「iSPEED」にも長所があります。「iSPEED」はログインしなくても日経225やダウ、ナスダック、ハンセン指数などの株式指数を表示することができます。また、ログインしなくても主要な通貨ペアの為替レートを見ることが可能です。

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

楽天証券、「iSPEED for iPhone」をバージョンアップ、アプリ内で株式注文が可能に

iPhone向け株式取引アプリ「マネックストレーダー スマートフォン(iPhone)」がリリース

SBI証券、iPhone向けアプリ「SBI株取引」をリリース

松井証券の「株touch」の紹介 iPhoneやiPod touch向けトレーディングアプリ

▼Android用のトレードツール

楽天証券、iSPEED for Androidを7月上旬にリリース

マネックストレーダー スマートフォン Android版がリリース

SBI証券、「SBI株取引 for Android」をリリース【Android向け株式トレーディングアプリ】

松井証券、「株touch (Android版)」を9月上旬にリリース

▼iPad用のトレードツール

楽天証券、iPad専用の株式トレーディング・ツール『iSPEED for iPad』をリリース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする