外国人投資家(海外投資家)とは 【株式用語解説】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 外国人投資家 [読み:がいこくじんとうしか] [英語名:Foreign investors]
  • 外国人投資家の同義語 = 海外投資家

祐作:先輩、外国人投資家ってなんですか?

兜:ふむ、外国人投資家とは、株式投資をしている投資家のうち日本に住んでいない外国籍の個人・法人のことだな。株式投資の世界では単に「外国人」と呼ぶことも多いな。外国人投資家のほとんどは業務の一環として投資している海外の機関投資家だ。

祐作:なるほど。

兜:外国人投資家(海外投資家)は、東証一部市場において大きな売買シェアを持っていて、日本の株式市場に多大な影響力を持っているんだ。

祐作:なるほど、それで外国人投資家の売買動向が取りざたされるわけですね。

兜:そうだな。平日の午前8時30分頃に発表される「外資系証券会社の寄り前注文動向」が市場に大きな影響を与え、大量買い越しの場合は堅調なことが多く、大量売り越しなら、軟調なことが多い。

リーマン・ショックの影響で、東証一部における外国人投資家の売買シェアは、リーマンショック以前より小さくなっている。ただ、それでも彼らの影響力は大きいといえる。

▼関連記事

外国人投資家の売買動向を見る方法

機関投資家とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする