マネックス証券の「マーケットステーション スマートフォン」を使った感想 【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券が、スマートフォン向けの日経225先物取引の専用アプリ「マーケットステーション スマートフォン」を2013年4月1日にリリースしました。

4月1日から、マーケットステーション スマートフォンのiPhone版Android版の両方が使えるようになっています。

「iPhone」や「Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末」を持っている人は、このトレーディングアプリを使って日経225先物取引ができるようになりました。

▼関連記事

「マネックス・マーケットステーション スマートフォン」(以下「マーケットステーション スマートフォン」)では、アプリ単体で日経225先物と日経225ミニの取引ができます。

通常注文に加え、スマートフォンならではの機能として、気配タップしてすぐに発注できる「板発注」があります。

また、先物・オプション取引の銘柄情報や5つの主要指数のチャート、8種類のテクニカルチャート、ニュースなどを閲覧することができます。利用料金は無料となっています。

私はマネックス証券の日経225先物取引の口座を開設しており、下記の携帯端末を持っているので、「マーケットステーション スマートフォン」を実際に使ってみました。

以下、「マーケットステーション スマートフォン」についてのレビューです。

「マーケットステーション スマートフォン」の長所

  1. リアルタイムで自動更新される日経225先物の板情報(気配値)を見ることが可能
  2. モーニングスター社の「株式新聞ニュース」の市況速報を見ることが可能
  3. 気配値の数量(板)部分を2回タップで、注文を出せる「板発注機能」を搭載。
  4. 日経225先物のチャートを、縦画面でも横画面でも、どちらでも表示できる
  5. ナイト・セッションに対応している
  6. iPhone版とAndroid版の画面構成や操作性がほぼ同じ

「マーケットステーション スマートフォン」の短所

  1. 今のところ、このアプリでは逆指値注文ツイン指値注文(OCO注文)、リーバス注文、バスケット注文などの特殊注文が使えない。
  2. 日経225オプションの板情報(気配値)やチャートを見ることができるが、日経225オプションの取引はできない

ちなみに、「マーケットステーション スマートフォン」のiPhone版は、iPadでも利用できます。 しかし、「第3世代以降のiPad」の高解像度には対応していません。

以下、「マーケットステーション スマートフォン」のiPhone版(iOS版)の画面になります。 Android版もほぼ同じ画面構成となっています。

▼マーケットステーション スマートフォンの画面

↓以下、画像は全てクリックで拡大可能

まず「マーケットステーション スマートフォン」のアプリを起動すると下記の画面が表示されます。

monex_marketstation_smartphone_001.PNG

↓画面上部の「ニュース」をタップすると、ニュースの見出し一覧を見ることができます

monex_marketstation_smartphone_002.PNG

↓ニュースの見出しをタップすると、ニュースの本文を読むことができます

monex_marketstation_smartphone_003.PNG

↓画面下部の「先物」のアイコンをタップすると、銘柄一覧を見ることができます

monex_marketstation_smartphone_004.PNG

↓銘柄一覧から「日経225先物」を選択してみました。日経225先物の板(気配値)を表示できます

monex_marketstation_smartphone_005.PNG

↓日経225先物やミニのチャートを表示することも可能です

monex_marketstation_smartphone_006.PNG

↓日経225先物やミニのチャートは、横画面で表示することも可能です

monex_marketstation_smartphone_007.PNG

↓「設定」ボタンをタップすると、チャートの種類を選択することが可能です

monex_marketstation_smartphone_008.PNG

↓日経225miniの気配値やチャートを見ることも可能です

monex_marketstation_smartphone_009.PNG

↓日経225オプションの板情報(気配値)やチャートを見ることができるが、日経225オプションの取引はできません

monex_marketstation_smartphone_010.PNG

以上が筆者による「マネックス・マーケットステーション スマートフォン」の解説です。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

ついに!先物取引専用アプリダウンロード開始!マネックス証券

monex_ms_smartphone_20130319_001.gif

スマートフォンをお使いの皆さま、お待たせいたしました!

スマートフォン向け先物取引の専用アプリがついに誕生です!先物・オプション取引口座をお持ちのお客さまは無料でご利用いただけます。

「マネックス・マーケットステーション スマートフォン」(以下「マーケットステーション スマートフォン」)では、アプリ単体で日経225先物日経225ミニをお取引いただけます。「スタンダード注文」に加え、スマートフォンならではの機能として、気配をタップしてすぐに発注できる「板発注」があります。

また、先物・オプション取引の銘柄情報5つの主要指数のチャート、8種類のテクニカルチャート、ニュースなどをご覧いただけます。

※オプション取引の注文はできません。

「マーケットステーション スマートフォン」の便利な機能

【ダブルタップで板発注が可能!】

monex_ms_smartphone_20130319_002.gif

・気配のところを2回のタップで、素早く注文を出せます。

・訂正や取り消しもタップでらくらく。

【約定はすぐに画面でお知らせ!】

monex_ms_smartphone_20130319_003.gif

・約定をすぐその場で画面でお知らせします。

【最大200件のニュースが見られる!】

monex_ms_smartphone_20130319_004.gif

・ニュースを随時配信。

・画面の引下げ操作で簡単更新。

【テクニカルチャートは8種類も見られる!】

monex_ms_smartphone_20130319_005.gif

・TICK、1分足、5分足は30秒ごとに自動更新。

・テクニカルチャートは移動平均、ボリンジャー、一目均衡表、RSI、MACD、Sストキャス、H.V、出来高の8種類。

【テクニカルチャートの条件を細かく設定!】

※ 画面はスマートフォンを横にした場合の表示です。

monex_ms_smartphone_20130319_006.gif

・「オプション」をタップすると画面表示を変更できます。

・右下の「設定」をタップすると、より細かくテクニカルチャートの設定が行えます。例えば、移動平均線の日数の変更、ボリンジャーの標準偏差の変更などなど

○ 「マーケットステーション スマートフォン」をご利用いただくには・・・

■対応機種について

iPhone: iPhone 4 以降、 iPod touch 第4世代以降
Android: Android OS 2.2 以上 ※ ただし、タブレット向けOSであるVersion3.x系については検証を実施していません。

■先物・オプション取引口座を開設していただく必要があります。
まだ先物・オプション取引口座をお持ちでないお客さまはこのページから口座開設をお申し込みいただけます。

※ 先物・オプション取引口座の開設には審査がございます。審査の結果によってはお申込をうけかねる場合もございますので予めご容赦願います。

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPhoneとAndroidの両方に対応したトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする