松井証券、9月4日から無期限信用取引の手数料を完全無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券が来月4日から無期限信用取引(一般信用取引)の手数料を完全に無料化すると発表しました。以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

2006年08月18日

手数料の改定について
~無期限信用取引の手数料を完全無料に~

松井証券株式会社 代表取締役社長  松井 道夫

松井証券は、2006年9月4日(月)より、無期限信用取引の手数料を改定し、全ての約定代金において、完全無料(0円)といたします(※1)。

松井証券は、業界に先駆け2003年7月より無期限信用取引の取扱いを開始いたしました。無期限信用取引の登場によって、制度信用取引で不可能であった上場初日の信用取引や、制度信用取引で取扱いの対象ではなかった銘柄の信用取引も可能となりました。そして、このたび手数料を完全無料とすることで、さらに無期限信用取引がご利用しやすいものとなります。

また、9月4日(月)約定分より無期限信用取引の買方金利を3.3%から4.6%に変更いたします。すでに保有されている建玉も、9月1日(金)を超えて保有した場合、変更後の金利が適用となります。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

以上

<松井証券無期限信用取引の新手数料体系>

1日の約定代金合計金額 手数料(税込)
10万円まで 0円
30万円まで
50万円まで
100万円まで
1,000万円まで
1億円まで

(※1) 電話でのお取引は手数料無料の対象外です。

-本件に関するお問い合わせはこちらまで-
TEL 03-5216-0617

2006年08月18日

【詳細】無期限信用取引の手数料完全無料化について

松井証券は、2006年9月4日(月)約定分より、無期限信用取引の手数料を約定代金に関係なく完全無料(0円)とします。

これに伴い、ルールが一部変更となります。

主な変更点は次のとおりです。

  無期限信用取引 制度信用取引
手数料 完全無料(0円)
(※1)
ボックスレート
金利(年率)
(※2)
既に保有されている建玉も、2006年9月1日(金)を超えて保有した場合、同日以降適用となります。

変更前 変更後
買方金利 3.3% 4.6%
売方金利 0.0% 0.0%
貸株料 2.0% 4.6%

変更はありません。
その他の変更点 6か月を超えて保有した建玉の返済手数料無料を廃止します。
日計り片道手数料無料(※3)の対象外とします。
日計り片道手数料無料(※3)の対象外とします。

(※1)電話でのお取引は手数料無料の対象外となります。
(※2)変動する場合があります。
(※3)日計り片道手数料無料は現物取引にのみ適用します。

松井証券が先日の即時決済可能な夜間取引市場の発表に続いてまた斬新なことをやってくれました。やはり松井道夫社長は普通じゃないなと思います。松井社長については証券業界内でも賛否両論ありますが、私は好きです。

9月4日から無期限信用取引を使えば、手数料が完全にフリーになるわけですが、なぜこんなことができるかというと、信用取引を使って株を買う人は、証券会社に金利を支払わないといけないからです。

松井証券の無期限信用取引は9月から買い方金利が4.6%になります。例えば、100万円の買いポジションを1年間持つとすると、4万6千円を松井証券に支払わなければなりません。

また、貸株料も4.6%なので、100万円の売りポジションを1年間持つと4万6千円を松井証券に支払わなければなりません。この金利では建玉の長期保有はしない方がいいでしょう。9月からの無期限信用取引は短期売買に利用すべきです。

ちなみに信用取引を使うと、デイトレード(日計り取引)でも1日分の金利は払わないといけません。今日、松井証券に問い合わせのメールをいれました。以下、私と松井証券のサポートの方とのやりとりです。

質問日時 08/18 10:30

【お問い合わせ:信用取引の金利について】
いつもお世話になっております。○○(私の本名)と申します。
9月4日から無期限信用取引の手数料を完全無料にするという御社のリリースを拝見しました。
そこで、信用取引について質問させていただきたいことがございます。
Q.
信用取引で日計り(デイトレード)を行った場合、金利を支払わなければならないのでしょうか?
もし、支払わなければならないのならば、何日分の金利を支払うことになりますでしょうか?
大変お手数をおかけいたしますが、お返事のほどよろしくお願いいたします。

回答日時 08/18 15:41

お問い合わせの件ですが、松井証券は、2006年9月4日(月)より、無期限信用取引の手数料を改定し、全ての約定代金において、完全無料(0円)といたします。
※電話での取引は手数料無料の対象外です。

また、2006年9月4日(月)約定分より無期限信用取引の買方金利を3.3%から4.6%に変更いたします。
※すでに保有されている建玉も、2006年9月1日(金)を越えて保有した場合、変更後の金利が適用となります。

その他詳細は、決定次第、当社ホームページ上、または会員画面内のメッセージでご連絡します。

なお、日計り取引(新規建→当日返済)を行った場合でも、金利が発生します。
※1日分となります。

よろしくお願い申し上げます。  

松井証券顧客サポート

というわけで、デイトレでも金利は取られるわけですが、一日の買建金額の合計が500万円くらいまでなら金利は数百円で済むので、9月以降、松井証券の無期限信用取引を利用するデイトレーダーが出てくると思います。

ちなみに松井証券ですが、日経225先物取引の手数料が一枚525円(業界最安値)、日経225miniの手数料が一枚105円となっています。そこに9月から無期限信用取引手数料無料が加わるわけですから、短期トレーダーをすごく意識した手数料体系だなと感じざるを得ません。

▼参考リンク

  • 日経225mini手数料比較表
  • 日経225先物取引手数料比較表
  • 記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする