カブドットコム証券、外貨入出金サービス開始。 8通貨を取扱い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年3月27日、カブドットコム証券外貨入出金サービスを開始しました。米ドルやユーロなど合計8種類の海外通貨で、入出金サービスを順次開始しています。

今までは、カブドットコムで外国債券を買うには、日本円で外貨建MMFや外貨を事前に購入する必要がありました。そして、「その外貨建MMFや外貨を使って、外国債券を買う」という流れでした。

今回の外貨入出金サービス開始により、外貨建商品の取扱い通貨ほぼすべての入金に対応となります。 よって、他の金融機関で持っている外貨を、カブドットコム証券の口座に入金して、外国債券を購入できるようになりました。

また、外貨建商品の売却代金や利金の受け取りで外貨を選択しても、証券口座から外貨のまま引き出すことはできませんでした。 3月27日からは外貨のまま、銀行の口座に出金ができるようになっています。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

2013年3月26日

外貨入出金サービス開始!主要ネット証券最多の8通貨を取扱い
~ 「お持ちの外貨で外債を買おうキャンペーン」を実施 ~

カブドットコム証券株式会社は、2013年3月27日(水)(予定)より、米ドルやユーロなど合計8種類の海外通貨で入出金サービスを順次開始することとなりましたのでお知らせいたします。また、サービス拡充を記念し、同日より「お持ちの外貨で外債を買おうキャンペーン」を実施いたします。

当社は外国債券、外貨建MMF、外貨取引や4つのFXなど外貨建商品を幅広く取り扱っております。外貨から外国債券をご購入いただけるものの、外貨入金サービスに対応していなかったため、円貨もしくは当社で外貨建MMFや外貨を事前に購入いただいく必要がございました他、外貨建商品の売却代金や利金の受け取りで外貨を選択いただいても、証券口座から外貨のまま引き出すことはできませんでした。

今回の外貨入出金サービス開始により、外貨建商品の取扱い通貨ほぼすべての入金に対応いたしますので、他金融機関でお持ちの外貨を利用し、外国債券を購入いただけます。また、海外旅行に行くための外貨両替、帰ってきてから余った外貨で外国債券を購入するなど、投資にレジャーにお使いいただける便利なサービスとなります。

カブドットコム証券は今後もお客さま目線に立ち、投資のサポートが出来るよう便利なサービスを増やして参ります。

●外貨入出金サービスの概要
<当社への入金>

利用可能金融機関 国内銀行の国内本支店、外国銀行の国内支店
振込先銀行口座 当社指定の銀行口座
入金手数料 当社の入金手続きは無料(振込の手続き銀行で所定の手数料がかかります)
利用可能時間 振込の手続き銀行の営業時間
利用可能なお客様 当社外貨建口座を保有されているお客さま
利用可能通貨 米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル(予定)、南アランド、メキシコペソ、トルコリラ(予定)
入金最小単位 1通貨単位以上1/100通貨単位(例:1ドル以上1セント単位)
1回あたり入金最大単位 制限なし(ただし、送金元金融機関によります。)

<当社からの出金>

利用可能金融機関 国内銀行の国内本支店、外国銀行の国内支店
出金手数料 三菱東京UFJ銀行  日本橋中央支店 無料
その他の支店 2,000円
その他の金融機関 3,500円
利用可能時間 当社受付は24時間(ただし、出金可能時間は出金先金融機関によります。)
利用可能なお客様 当社外貨建口座を保有されているお客さま
利用可能通貨 米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル(予定)、南アランド、メキシコペソ、トルコリラ(予定)
出金最小単位 1通貨単位以上1/100通貨単位(例:1ドル以上1セント単位)
1回あたり出金最大単位 制限なし(ただし、出金先金融機関によります。)

※取扱予定は事務手続き等の都合により変更する場合がございます。取扱日程、銘柄等の変更があった場合、当社ホームページにて告知いたします。

●入出金可能通貨比較表
主要ネット証券最多の8通貨を取扱い。主要ネット証券でメキシコペソとトルコリラを入出金できるのはカブコムだけ。

米ドル ユーロ 豪ドル NZドル カナダドル 南アランド メキシコペソ トルコリラ 香港ドル
当社
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券

※2013年3月26日 各社のホームページを参照し、当社作成。「△」は取扱予定。「-」は該当通貨の取り扱いなし。

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券、制度信用取引の買方金利を引き下げ。 大口顧客の金利優遇制度も導入

カブドットコム証券、信用保証金から銀行口座へ直接出金が可能に

リアルタイム株価自動更新「カブボードフラッシュ」がリニューアル、スマホでも利用可能に

カブドットコム証券、「ウルトラチャート」の無料提供を開始

カブドットコム証券、「一般信用(売短)」の貸株料を3.9%に引き下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする